無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第107話

💊
あなた side


会場に響き渡る、No More Dreamの重い低音とみんなの声でつむぐとがった歌詞。





ステージに立ったみんなはまぎれもなく"アイドル"だった。





みんなの声が、ダンスが、





人の心を動かし、感動を与える。





そんな姿を見て
あなた

カッコいい……///

心からそう思った。
























ズキッ!!!!!
あなた

また……?

初ステージが無事に終わり、会場がみんなに向けられた拍手と歓声で包まれる中、





再び私にあの頭痛が襲ってきた。
あなた

何…これ……?

今回見えたのは、





"ゴールデンディスクアワード"





"ビルボード"





"グラミー賞"





そうそうたる音楽の祭典の名目と





トロフィーを手に持つ、今よりちょっと大人びたみんなの姿。
あなた

未来……?

みんながいつかは……と目指す賞たち。





みんなはこうなることができるということだろうか。





もしかして、これも神様からのプレゼント……?
マンネライン
マンネライン
あなたー!!!
考える暇もなく戻ってきた3人に飛びつかれた。
テヒョン
テヒョン
どうだった僕たち!?
グク
グク
ちゃんと見てた!?
ジミン
ジミン
カッコよかった!?
あなた

うん!!ちゃんと見てたよ!!

あなた

みんなカッコよかったです!!輝いてました!!

あなた

ダンスも揃ってたし、歌もラップも最高でした!!

あなた

感動しました!!

おさまらない興奮をそのままみんなにぶつけた。
ジン
ジン
僕たちも楽しめたし、感動した!!
ホソク
ホソク
僕たちのパフォーマンスであんなに多くの人が喜んでくれるんだって!!
ユンギ
ユンギ
夢、諦めなくてよかった
ナムジュン
ナムジュン
BTSで良かった
あなた

っ……

今までのみんなの頑張りとさっきの熱気を思い出して、涙があふれる。
ジミン
ジミン
ちょっとあなた、泣かないでよ〜!!
テヒョン
テヒョン
僕たちこれからだから!!もっともっと大っきくなるから!!
グク
グク
それまで涙はとっといて!!
あなた

っ……みんなおめでとう!!頑張れ!!

私も、みんなに出会えて良かった。