無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

💊
🦄 side


you
you
そんなに心配しなくても、大丈夫ですって!
you
you
じゃあ、行ってきますね!
そう言ってテレビ局のお偉いさんだと言う、カンさんとの食事に行ってしまったあなた。





あなたは優しいからただの噂かもしれない!なんて言ってたけど、僕は危ない気がする……。





テレビで見るかぎり良い印象は受けない。





人を見下すような態度に、じっとりとした目つき……





だから僕たちはあなたに何かあったときに、どうすれば助けられるかを考えた。





その結果"尾行"することに決まった。





気持ち悪いなんて思わないで欲しい。





あくまであなたを守るためなんだから‼





みんなでお金を出し合って盗聴器も買って、こっそりあなたのかばんに取り付けた。





カンさんがあなたに何か変なことを言おうものならぶん殴りにいく…らしいマンネたち。





僕はなぶん殴ることはないかもしれないけど、場合によっては殴ることはあるかもしれない。
ジン
ジン
よし、みんな準備できた?
BTS
BTS
はい!
ジン
ジン
いいか?勝手な行動はしない!手は出さない!
テヒョン
テヒョン
分かってますって!いいから早く行きましょうよ!
ジン
ジン
本当に分かってるのか、テヒョン?それに、ジミナ!グガ!
マンネライン
マンネライン
大丈夫です!!!
ジンヒョンの念押しもそこそこに、あなたからあらかじめ聞き出しておいたレストランへ向かった。