無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

💊
あなた side



あなた

ンッ……

ジン
ジン
あなた!!大丈夫!?
ナムジュン
ナムジュン
あなた!!分かる!?
ジニオッパとナムジュニオッパ……?
マンネライン
マンネライン
あなた!!
ホソク
ホソク
あなた!!
みんな……





みんな……?





ユンギオッパ……
あなた

ユンギオッパ!!

事故のことを思い出して、飛び起きた。
ユンギ
ユンギ
あなた……
あなた

オッパ……?

隣から聞こえた声がユンギオッパだと分かったときにはもう、私の体は動いていた。
あなた

ユンギオッパ……!!

なりふり構わずにユンギオッパに抱きついた。
あなた

良かった……良かった……

あなた

間に合って良かった……

抱きしめるとほのかに伝わってくる温もりがどうしようもなく安心できた。
ユンギ
ユンギ
ごめん、ごめんなあなた……
頭上から聞こえて来るオッパの声がさらに私の涙を誘った。





オッパが無事だったという安心感と、こうなるまで何もできなかった自分の無力さに





どうしても涙が止まらない。
あなた

私ッ…、何もっ…できなくて……

あなた

ちっ…、力になれなくてっ……

あなた

ごっ、ごめんなッ…さいッッ……

ユンギ
ユンギ
違う…あなたは何もっ……
ナムジュン
ナムジュン
もう、やめよう
ユンギオッパの声を遮るナムジュニオッパの声。





そっとユンギオッパから引き剥がされた。
ナムジュン
ナムジュン
誰か1人が悪いんじゃない
ナムジュン
ナムジュン
ちゃんと話し合おう
イ・ジアン
イ・ジアン
そうね、あなたたちはもう宿舎に帰りなさい
あなた

でもっ!!

イ・ジアン
イ・ジアン
ユンギは明日、検査が終わったら私が送り届けるから
イ・ジアン
イ・ジアン
あなたちゃんも、みんなに話すことあるだろうし
あなた

っ……

ジアンさんの言葉にみんなが不思議そうにする中、





ジニオッパだけが私を見つめていた。