無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

💊
your side



2012.4月








初めて見学に行った日から一週間。





毎日お弁当を作っていったり、ケーキを作っていったり…





そのたびにみんな喜んでくれたし、仲良くもなれた。





だけど、そろそろ春休みも終わってしまう。





楽しかったなぁ〜春休み……





なんて思いながらみんなとお昼ごはんを食べていると、ジアンさんに呼ばれた。
イ・ジアン
イ・ジアン
あなたちゃん、そろそろ春休みも終わる頃でしょう?
あなた

はい…また、たまに遊びに来てもいいですか?

せっかく仲良くなれたんだし、これからも仲良くさせて欲しい。
イ・ジアン
イ・ジアン
そのことなんだけど……正式にあなたちゃんをあの子たちのマネージャー?まぁ、お世話係として雇わせてもらえないかしら?
あなた

えっ?マネージャー……?

イ・ジアン
イ・ジアン
もちろんあの力を買ってるところもあるけど、何よりあの子たちのそばにいてやってほしいのよ…
突然の言葉にビックリしたけど、私を必要としてくれるのはすごく嬉しかった。
あなた

そう言ってもらえるのはすごく嬉しいんですけど、私なんかで役に立てるでしょうか?

ジミン
ジミン
あなたはいてくれるだけで、いいんだよ!!
テヒョン
テヒョン
あとたまにご飯作って〜!!
グク
グク
僕にはかっこいいって言ってください!!
どこから聞いていたのか、マンネラインの3人が私のもとにかけ寄ってきた。
ジン
ジン
僕も、あなたが迷惑でなければいてほしいな
ホソク
ホソク
僕も、あなたが良ければいてほしいな!
ナムジュン
ナムジュン
勉強も少しは教えられると思うし!
ユンギ
ユンギ
弁当…美味かった……
ヒョンラインの3人はマンネラインと違って私のことを考えてくれてる…ㅋㅋ





一人はお弁当の感想だったけど、他のメンバーと同じ気持ちだって受け取っていいんだよね?ㅋㅋ
イ・ジアン
イ・ジアン
ㅋㅋㅋその子たちもこう言ってることだし、どうかしら?
あなた

私で良ければぜひ、やらせて下さい!!

BTS
BTS
やったー!!!!!!!
みんなにもこんなに必要とされて、断るはずがない。
イ・ジアン
イ・ジアン
ㅋㅋよし、そうと決まれば引っ越しね!
あなた

引っ越し…?

イ・ジアン
イ・ジアン
そうよ、この子たちのお世話係になったなら一緒に暮らしてもらわなきゃ!
一緒に暮らす……?
あなた

えっ?ちょっと_____

テヒョン
テヒョン
やったー!!これからずっとあなたと一緒にいれるんだ!!
ジミン
ジミン
また一緒に学校通えるね!!
グク
グク
ヒョンたちで独り占めするのはなしですよ!!
私の返事なんて何にも関係ないと言うように喜び始めるマンネラインㅋㅋ





ヒョンラインも騒ぎはしないものの、みんな満面の笑みで見つめてくる。
あなた

でも、お母さんに聞いてみないと……

イ・ジアン
イ・ジアン
あら、お母さんはもう許可済みよ?
あなた

えっ!?

いつの間に……聞いてないよ!?
イ・ジアン
イ・ジアン
まぁまぁ、とりあえずあなたちゃんには引っ越しの準備をしてもらって…
イ・ジアン
イ・ジアン
あんたたちも!喜んでるだけじゃなくて、あなたちゃんの引っ越し手伝うのよ!
BTS
BTS
はーい!!!!!!!





こんな感じで、トントン拍子に話は進み…





私はみんなと一緒に暮らすことに……