無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第70話

番外編'私の日常'〜平日編〜💊
your side


PM.5:30





それぞれが学校から帰ってきて、みんなでの練習が始まります。





私はまず、みんながきれいに食べてくれて空になったお弁当箱を洗います。





洗い終えたら、夜ご飯作りstart!





まだまだ勉強中ですが、"ボリュームがあってカロリーの低いご飯"を心がけるようにしています。





PM.7:00
BTS
BTS
お腹すいた〜!!!!!!!
練習を一旦終えたみんなが宿舎に戻ってきて、夜ご飯を食べます。
BTS
BTS
いただきまーす!!!!!!!
あなた

いただきます!

マンネライン
マンネライン
おいし〜い!!!
あいかわらず騒がしい3人と、
ホソク
ホソク
おいしいね!ありがとうあなた!
ナムジュン
ナムジュン
うん、おいしい!あ、お弁当もありがとうね!
あいかわらず優しい、ホソギオッパとナムジュニオッパ。
ユンギ
ユンギ
うまい…
多くは言わないけど、ほめてくれるユンギオッパ。
ジン
ジン
おいひいよ〜
お口いっぱいにご飯を詰めて食べるアルパカさん…ㅋㅋ





個性の溢れる、夜ご飯ですㅋㅋ





PM.7:45。
BTS
BTS
ごちそうさまでした〜!!!!!!!
ご飯の時間が終わり、みんなの練習が再開します。





私は夜ご飯の片付けをして、先にお風呂をいただきます。





お風呂からあがったら、お勉強の時間です。





学校の勉強、お料理の勉強…大変ですが、私以上にみんなは大変なんだと思うと頑張れます!





PM.10:00
BTS
BTS
ただいま〜
あなた

おかえりなさい!

少しお疲れ気味のみんなが練習を終え、帰ってきます。





ここから、順番にお風呂に入ります。





自分の番が回ってくるまではお勉強。





私もマンネラインの3人に教えながら、引き続きお勉強です。





AM.12:00
あなた

おやすみなさい

BTS
BTS
おやすみ〜
この後に日記をかいて、ここで私の1日は終わります。





みんなは日によって練習をしたり、寝たり…。





ジミンなんかはいつも夜遅くまでダンスの練習をしています。





本当はもっと睡眠時間を取ってほしいところですが、あえて止めません。





この努力がいつかきっと実を結ぶと信じているから。





私は精一杯それを支えるまでです。





みんなはいつも私に感謝してくれるけど、本当に感謝すべきなのは私の方です。





みんなに元気、勇気、笑顔…たくさんのものをもらっています。
あなた

ありがとうみんな

あなた

応援してるよ