無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

💊
あなた

📱おはよう

あなた

📱起きてる?

ジミン
ジミン
📱おはよう、起きてるよ
すぐに返信がきた。
あなた

📱じゃあ、今からお見舞い行ってもいい?

ジミン
ジミン
📱ありがとう、待ってる
私はリングをポケットに入れてジミンの家に向かった。





︙





ピンポーン)
ジミンのママ
ジミンのママ
はーい
ジミンのママが出てきてくれた。
ジミンのママ
ジミンのママ
あらあなたちゃん、おはよう
あなた

おはようございます!ジミンのお見舞いにきました!

ジミンのママ
ジミンのママ
ありがとう、きっとジミン喜ぶわ!さっき朝ごはん食べてたから起きてると思うけど…
ジミンのママと話していると、ジミンが部屋から出てきた。
ジミンのママ
ジミンのママ
あらジミン、あなたちゃん来てくれたわよ
ジミン
ジミン
うん
ジミン
ジミン
さっきカトクがきたから
そう答えるジミンの顔色は昨日より少しだけ良くなっている気がした。





でも、やっぱり前のジミンとは違って元気がない。
ジミンのママ
ジミンのママ
あぁそうなの?じゃああなたちゃん、ゆっくりしていってね
あなた

ありがとうございます!

ジミンのママにお礼を言って、ジミンの部屋に入る。
あなた

おはよ

あなた

体調どう?

ジミン
ジミン
うん、もう熱も下がってるし月曜日には学校に行けると思う
ジミン
ジミン
心配かけてごめんね
ジミン
ジミン
もう大丈夫だから…
そう言って笑うジミンは全然"大丈夫"そうではなかった。
あなた

なんで大丈夫っていうの?全然大丈夫じゃないじゃん!いつも、何言っても大丈夫、大丈夫って…

こんなときでも強がるジミンを見て、私の感情が爆発してしまった。





急に私がこんなことを言い始めたから、ジミンはポカンとしている。
あなた

朝だってあなたに一番に会えて嬉しいよ♡って言ってくれないし、カトクも全然してくれないし…ジミンがジミンじゃなくなっていって寂しかった…!

あなた

怖かった…!

ジミン
ジミン
あなた……
あなた

私、そんなに頼りないかなぁ…?たまには弱音吐いてくれたっていいじゃん!

あなた

ジミンには笑顔でいてほしいよ…

あなた

ジミンの力にならせてよ…

こんなこと言うつもりじゃなかったけど、止められなかった。





言い終わってジミンを見ると、ジミンの目からは涙が溢れていた。
ジミン
ジミン
ごめん、あなた…ごめん…ありがとう……
そう言って泣いているジミンを私は抱きしめた。
あなた

私もごめんね、急にこんな……

あなた

でも、ジミンには私がいること忘れないでね

ジミン
ジミン
ありがとう……
私の肩を濡らすジミンを見て、やっとジミンの力になれた気がして嬉しかった。