無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

番外編' 私の日常'〜平日編〜💊
your side



BTS
BTS
ごちそうさまでした!
あなた

ごちそうさまでした!

朝ごはんを食べ終わると、それぞれが準備を始めます。





私はその間に朝ごはんの洗い物をして、着替えを済ませます。





学校にメイクはして行かないので私は準備完了!
(↑みんなが許してくれない…)





この後は天気を確認したり、ニュースを見たり、少しのんびりしているとみんなの準備が終わります。
マンネライン
マンネライン
行ってきまーす!!
あなた

行ってきます!

ナムジュン
ナムジュン
行ってきます!
ホソク
ホソク
行ってきます!
AM.7:45





高校生&中学生組の出発です。
ユンギ
ユンギ
気をつけろよ…
ジン
ジン
行ってらっしゃい!
大学生組の2人に見送られ、しばらく歩くと、駅に着きます。





ここでホソギオッパ、ナムジュニオッパ、テヒョンは電車、





グクは歩き、私とジミンはバスに別れます。
マンネライン
マンネライン
バイバーイ!!!
あなた

バイバイ!

ナムジュン
ナムジュン
バイバイ!
ホソク
ホソク
バイバイ!
みんなと別れたら、しばらくバスに揺られ、





AM.8:20





学校に到着です。





学校に着くと、ジミンがベタベタしてくるせいでいろんな人の視線が向かってきます。
ジミン
ジミン
じゃあねあなた!また、お昼ね!
あなた

はいはいㅋㅋ

ジミンと別れ、教室に入ると…
モブ1
モブ1
ねぇ、やっぱりジミンくんと付き合ってるんじゃないの!?
友達からこう聞かれるのは日常茶飯事です…。
あなた

そんなわけ無いでしょ〜ㅋㅋ

きっぱりと否定します。





そして、授業を4時間しっかり受けて





PM.12:30





お昼ごはんの時間。
ジミン
ジミン
あなた〜、一緒に食べよう!!
ジミンがお弁当を持って私のクラスにやってきます。
あなた

今日も早いな…ㅋㅋ

ジミン
ジミン
いいじゃん!!いただきまーす!!
そのまま、私の席で一緒にお弁当を食べます。
あなた

ねぇ、やっぱり空き教室か屋上で食べようよ…

クラスのみんなの視線が気になる……。
ジミン
ジミン
ダメ!!ここで食べなきゃ意味ない!!
あなた

どうして?

ジミン
ジミン
僕のあなただってことを見せつけなきゃ!!
そう言って私のクラスメイトに睨みをきかせるジミン……





やめてください……ㅋㅋ





そんなジミンとのお昼休みが終わると午後からの授業を受け、下校の時間です。