無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

💊
2011.1月





ジミンの笑顔を取り戻せてから3ヶ月。





あれからジミンはあいかわらずダンスの練習漬けの日々を送っていたけど、前のように無理をすることはなくなった。





大丈夫、大丈夫と言っていたのも最近はたまに弱音を吐いてくれるようになった。





それから、あのカプセルとリングについてもたくさんのことが分かった。





カプセルの効果は約一週間。





それをすぎるとまた、モヤモヤが見え始めてくる。





モヤモヤは疲れがたまればたまるほど、濃く、黒くなっていくらしい。





だけどモヤモヤが全くない人はほぼいなくて、みんな少しのモヤモヤは抱えている。





それくらいのモヤモヤなら、本人も気にしていないことが多く翌日には消えていたりすることもあった。





リングはすごく正確にその人の抱えている症状を示してくれるけれど、ずっとつけているとなぜか疲れてくる。





だから、学校や買い物に行くときはつけないことにした。





とりあえず現段階でわかっているのはこれくらい。

















そして、今日…
ジミン
ジミン
あなた〜!!週末はあなたに会いに戻ってくるからね!?
あなた

いいけどさ、学校あるんだから毎日会えるでしょ?ㅋㅋ

ジミン
ジミン
あ、そっか!!でも、やっぱり寂しいよ〜!!
あなた

はいはいㅋㅋ

そう、今日はジミンの引っ越しの日。




先生からすすめられて芸能事務所のオーディションを受けたジミンは、そのダンスの実力を買われて見事合格。





さっそく練習生として他のメンバーと一緒に、事務所の宿舎で暮らすらしい。





寂しくなるような気もするけど、学校では毎日会えるわけだし…





間違っても、ジミンに寂しいなんて絶対に言わない。





調子に乗るのが目に見えてるからㅋㅋ
あなた

頑張ってね、ジミン

あなた

応援してる

ジミン
ジミン
ありがとう‼行ってきます!!