無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第90話

💊
your side


2012.12.24





あなた

できたよー!!

私の呼びかけに飾り付けをしていたマンネラインが駆け寄ってきた。
テヒョン
テヒョン
うわ〜美味しそう!!
ジミン
ジミン
本当だ!!美味しそ〜!!
グク
グク
チキン!チキン!
あなた

はいはいㅋㅋこれテーブルに運んで、お皿の準備もお願いね!

マンネライン
マンネライン
はーい!!!
元気よく3人が料理を運び始めると





ピンポーン




 
チャイムが鳴った。
イ・ジアン
イ・ジアン
おじゃましまーす!!
廊下の奥から声が聞こえたかと思うと、
イ・ジアン
イ・ジアン
う〜ん、いい匂い!!
深呼吸するように胸をふくらませたジアンさんが部屋に入ってきた。
イ・ジアン
イ・ジアン
これ全部あなたちゃんが作ったの!?
あなた

いえ、ジニオッパとユンギオッパにも手伝ってもらいました!

イ・ジアン
イ・ジアン
そうなのね!ごちそうじゃない!!
テーブルに並べられた料理に釘付けになっているジアンさんに、キラキラとした視線を送っている人が3人…ㅋㅋ
イ・ジアン
イ・ジアン
あ〜もう!分かってるわよ!
イ・ジアン
イ・ジアン
ちゃんとプレゼント持ってきたわよ!!
グク
グク
本当ですか!?
ジミン
ジミン
やったー!!
テヒョン
テヒョン
何もらえるんだろ!?
'プレゼント'の言葉に飛び跳ねて喜ぶ3人ㅋㅋ
ジン
ジン
よし!ジアンさんも来たし、クリスマスパーティー始めようか!
マンネライン
マンネライン
イェーイ!!!
そう、今日はクリスマスパーティー!





ジアンさんも招いて、いつもより奮発したご飯と、手作りのケーキで楽しむ予定!
イ・ジアン
イ・ジアン
ほらほら、プレゼントあげるから席に着いて!
イ・ジアン
イ・ジアン
きっともらってからのほうが、ご飯が美味しくなるわ!
ホソク
ホソク
ご飯が美味しくなる…?高級岩塩とか…?
イ・ジアン
イ・ジアン
まぁまぁ、座りなさいよ
ジアンさんに急かされながら、みんなが席についた。