無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

💊
🦄 side


ピースサインを向けて笑うあなたと目があった。
グク
グク
📱どういうこと…??
ナムジュン
ナムジュン
📱気づいてたの?
みんなあなたのカトクとピースサインに混乱中。
you
you
📱それは、全部終わったあとで!!
you
you
📱私に作戦があります!みんなも協力してくれますよね?
作戦…?協力…?





ますます僕たちの混乱は大きくなるばかり。
ジミン
ジミン
📱作戦って何?全然状況がつかめないんだけど!?
ジン
ジン
📱詳しく説明して!
you
you
📱時間がないから!!とりあえず、作戦を聞いてください!!
you
you
📱カンさんが戻ってきたら、私がトイレに行くふりをするので、その間カメラを回しておいてください!
you
you
📱カンさんの顔と手元がしっかり映るアングルで!
ユンギ
ユンギ
📱何するつもりだ?あなたは危険じゃないんだろうな?
ホソク
ホソク
📱危ないことはしないでね!
テヒョン
テヒョン
📱危ないと思ったら僕たちのことは気にせず、逃げるんだよ!?
カメラを回して!とだけ言われて、あなたから返信はこなくなった。





あいつが電話を終えて、戻ってきたのだ。





何がどうなっているのかまったく分からないけど、とりあえずあなたの作戦とやらに協力することにした。
カン・ウビン
カン・ウビン
🔈どうだ?考えは改まったか?
you
you
🔈いえ、やはりお断りさせていただきます
カン・ウビン
カン・ウビン
🔈はっ…まったく君も頑固だな……黙ってうなずいていればいいものを……
you
you
🔈すみません、お手洗いに行きたいので少し失礼します
あなたがカトクで言っていたとおり、トイレだと行って席を立った。
ジン
ジン
僕と念のためにユンギも撮影しておこう
ジンヒョンとユンギヒョンがスマホを構えて、あいつの顔を映す。
ジン
ジン
ホソク、何かあったらあなたに伝えられるようにトイレに行ってくれ
ホソク
ホソク
分かりました
あなたはどうして、僕たちにカメラを回すようにお願いしてきたんだろう。





あなたはあいつが何かしようとしているのを知っているのか…?





いろいろな質問が頭を駆け巡りながらトイレに向かった。