無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第88話

💊
🐹 side


あの後、ボロボロと泣きながらも僕たちのそばにいたいと言ってくれたあなたをみんなで抱きしめた。





みんなちょっと泣いてて、でもそれ以上に笑ってて





より、絆が深まった気がする。












︙












次の日





ジアンさんと社長室に入って行ったユンギは笑顔で出てきた。
ユンギ
ユンギ
学費は会社が負担してくれることになりました
ユンギ
ユンギ
何で早く相談しなかったんだって怒られましたㅋㅋ
苦笑いするユンギを、ジアンさんが軽くはたいた。
イ・ジアン
イ・ジアン
もう本当に心配かけて……
イ・ジアン
イ・ジアン
バイトくらいでクビにするわけないでしょ!?
ユンギ
ユンギ
すみません…ㅋㅋ
呆れているような、安心したようなジアンさんの表情。





相当心配してくれていたんだなぁ。
ジン
ジン
ユンギ、良かったな
テヒョン
テヒョン
ユンギヒョン!本当に良かったです!
ジミン
ジミン
良かった〜!
グク
グク
良かったですね!
ホソク
ホソク
もう、無理しないでくださいね?
ナムジュン
ナムジュン
ちゃんと頼ってくださいね?
ユンギ
ユンギ
あぁ、ありがとう
ユンギ
ユンギ
あなたもな?
you
you
はい!
沢山話し合って、





沢山思いをぶつけ合って、





僕たち、いい再出発ができそうだ。