無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

番外編'私の日常'〜平日編〜💊
your side



みんなとの共同生活にも慣れてきた、そんな私の日常をご紹介!!













ピピピピピピ_____
あなた

んっ……

私の朝は早いです。





ただいまAM.5:00





はじめこそ朝は眠くてたまらなかったものの、もう慣れました!!
あなた

よいしょっ……

ベッドから出ると顔を洗い、軽く髪をとかして8人分のお弁当作りが始まります。





もともと料理が好きで、自分のお弁当は作ってたからこれはそんなに大変ではありません。
あなた

よし、完成!!

AM.6:00





だいたいこのくらいにお弁当が完成して、その日の朝ごはん担当が起きてきます。
ジン
ジン
あなたおはよう〜
今日は月曜日だからジニオッパが担当!
あなた

おはようございます!

挨拶をして、朝ごはんの準備中をしてくれている間に私は髪を結びます。





髪型はお決まりのポニーテール。





AM.6:15。





朝ごはんの準備はそんなに時間がかからないのでここからの15分はおしゃべりをしたり、テレビを見たり……





その日の担当の人とちょっとだけ、休憩をします。
あなた

ジニオッパ、コーヒーです!

ジン
ジン
あっ、いつもありがとうあなた
あなた

いーえ!

起きてすぐのジニオッパは目が覚めてないのか、うるさくなくてただのかっこいいオッパですㅋㅋ
ジン
ジン
ふぁ〜……
あなた

今日は一段と眠そうですね

ジン
ジン
う〜ん……
あなた

いつも15分で準備は終わるんですから、その分少しでも長く寝てればいいじゃないですか

ジン
ジン
それはダメ!!
ジン
ジン
この時間が唯一あなたを独り占めできるんだもん……
あなた

わかりましたよ…ㅋㅋ

平日担当のジニオッパ、ホソギオッパ、ナムジュニオッパ、ジミン、テヒョンは口を揃えてこう言いますㅋㅋ















ピピピピピピ_____





AM.6:30





一斉に各部屋から目覚ましのアラーム音が聞こえてきます。
ジン
ジン
あーあ、もう終わりか……
ここで残念そうにするのもみんな同じですㅋㅋ





アラームが鳴って5分ほどしたら、お部屋に挨拶をしに行きます。