無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

💊
🦄 side



あなたと別れてからすぐにステージが始まった。





どのパフォーマンスも素敵だったけど、やっぱりあなたのステージが楽しみすぎる!!
モブ2
モブ2
続いては〜文化祭のために結成されたガールズバンドです!
テヒョン
テヒョン
あっ、これあなたのグループじゃない!?
ジミン
ジミン
えっうそ!?あなたどこ!?
グク
グク
ちょっとヒョン!足踏まないでください!
さっそく騒ぎ始めるマンネたち…ㅋㅋ





すると、舞台袖からあなたが出てきた。
モブ1
モブ1
キャーー!!
モブ1
モブ1
可愛い……///
あちこちから歓声とため息が聞こえる感じ、やっぱり人気あるんだなぁ〜……





彼氏とかいたらどうしよ…耐えられない……
you
you
皆さんこんにちわ!
you
you
今日は短いですが、楽しい時間になればいいなと思っています!
そう挨拶をして、少し照れるように笑うあなた。





可愛すぎる……///





こんなの好きにならない訳なくない!?





彼氏いたら…?本当に無理……
マンネライン
マンネライン
あなた〜!あなた〜!
ジン
ジン
あなた〜!
不安になる僕とは反対にあの4人はひときわ目立つ歓声をあげている。





あーあ、さっき騒ぎすぎないでねって釘を刺されたばかりなのに…ㅋㅋ
you
you
すみません、弟たちが…
困惑顔で謝るあなたの言葉にクスクスと笑い声が聞こえてくる。
ジン
ジン
オーヤー、僕は弟じゃないだろ!!
ジニヒョン……
you
you
そうだね、精神年齢が弟の間違いだね
あなたがとっても怖い笑顔を向けている…。
ジン
ジン
おんぅ__
何か言いたげなジニヒョンの口をナムジュンが押える。





ナイス、ナムジュナ。





これはジニヒョン後で怒られるな……





そんなヒョンたちを無視して、あなたが曲紹介を始めた。
you
you
1曲目は〇〇さんの〇〇という曲です!
you
you
知っている方も多いと思いますが、気持ちを込めて歌うのでぜひ聞いてください!
僕も大好きな曲だ!!





でも、この曲歌うのは難しいって聞くんだけど……















you
you
〜♪













そんな僕の心配は全く必要なかったみたいだ。





あなたが口を開いた瞬間、会場が息を呑むように静まり返った。





透きとおるような優しい声…





だけどその中に力強さもあって…





誰もがその歌声に聞きいっていた。




︙


you
you
ありがとうございました!
気がつくと、あなたは歌い終わっていた。
モブ1
モブ1
…うわーー!!
モブ2
モブ2
…うわーー!!
そして一歩出遅れて、会場に歓声と拍手が舞おきた。





会場中を虜にした圧倒的な歌唱力……





あなた、一体何者なの……?