無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

🐯 side


2013.7月





デビューから1ヶ月。





今が頑張り時の僕たちは、9月に出すミニアルバムの制作にはげんでいる。





そんな僕らに久しぶりの1日OFF。





休日で学校も休みだけど、どこへ行くわけでもなく家でゴロゴロしている。





それなのに!!





あなたと全然イチャイチャできてない!!





ということで、作戦スタート→
テヒョン
テヒョン
あなた〜
you
you
な〜に〜ㅋㅋ
真面目なあなたは勉強を終えて、一息ついている。





そんなあなたに、僕たちマンネラインが仕掛ける。
ジミン
ジミン
僕たち〜、デビューしたじゃん?
you
you
うん…?
グク
グク
だから〜…何かデビュー祝いが欲しいな〜って…
グガのやつ…どさくさにまぎれてあなたに抱きついてやがる……





作戦じゃなかったら、しめてるぞ……
you
you
いいけど…あんまり高いものは買えないよ?
グク
グク
違う違う!!お金はかからないから!!
you
you
そうなの…?作って欲しいご飯とか?
テヒョン
テヒョン
ううん、僕たちが欲しいのは〜















.
マンネライン
マンネライン
あなたのポッポ♡♡♡
you
you
ポッポ!?
まぁ、驚くよね。





だけど、あなたがいいって言うまで引かないからな!!
ジン
ジン
ちょっとあなたが困ってるぞ!!
ホソク
ホソク
オッパたちは、そんなこと言わないよ?
ユンギ
ユンギ
あんま困らせんな
ナムジュン
ナムジュン
あなた、こっちおいで?
you
you
オッパ〜
甘えた声で、ヒョンたちの方に行ってしまうあなた。
ジミン
ジミン
ちょっとヒョン!!話が違うじゃないですか!!
僕たちのほうが、あなたが警戒しないだろうから…ってヒョンたちが提案してきたのに!!
テヒョン
テヒョン
僕たちを使って、あなたの好感度あげようとしないでくださいよ!!
ジン
ジン
テヒョンア!!それは言わない約束だろ!!
グク
グク
何が約束ですか!!抜けがけなんて卑怯ですよ!!
ホソク
ホソク
そういうグガだって、あなたに抱きついてたじゃないか!!
テヒョン
テヒョン
そうだぞ!!それはグガが悪い!!
グク
グク
テヒョンイヒョンもヒョンたちの味方ですか!?
you
you
もう…いいですよ!!
















えっ?















 
you
you
ポッポしてあげます!!




















.
BTS
BTS
本当に!?!?!?!?!?!?!?
ナムジュン
ナムジュン
じゃあ、ここは僕から!!
ユンギ
ユンギ
いや、俺から……
ジン
ジン
長男は僕だぞ!!
グク
グク
マンネの僕から!!
ジミン
ジミン
あなたとは僕が1番長くいるから、僕!!
テヒョン
テヒョン
僕でしょ!!
ホソク
ホソク
僕にゆずって!!
you
you
……ただし!!
僕たちの喧嘩を止めるように、あなたの叫ぶ声がリビングに響き渡る。
BTS
BTS
ただし……???????



















.
you
you
ゲームにしましょう!!







.
BTS
BTS
ゲーム???????