無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

💊
your side



今日は待ちに待った文化祭!!





みんなも見に来るみたいだし、練習の成果を発揮しないと!!





そう意気込んでいると、校門の方に7人の姿が見えた。
あなた

あっ、みんな!!

私が手を振ると、手を振り返してくれた。





遠くから見ると、うるさくなくてただのかっこいい人たちなのになぁ〜…





なんて思いながらㅋㅋ、みんなのもとに駆け寄った。
テヒョン
テヒョン
あなた!ちょっと早いけど来ちゃった!!
グク
グク
高校の文化祭ってすごいね!美味しそうな屋台がいっぱいある!!
ジミン
ジミン
すっごい楽しそうじゃん!!普通科だけいいなぁ〜!!
あなた

ㅋㅋ分かった、分かったから!

私が来るなり、一斉に喋り始める3人ㅋㅋ





楽しみにしてたのは分かるけど、テンション高すぎだよㅋㅋ
ナムジュン
ナムジュン
あなたはこれからバンドのステージだっけ?
あなた

はい!

ホソク
ホソク
え〜あなた、歌うんだよね?楽しみだな〜!!
あなた

ほとんど経験ないですし、見られるのは恥ずかしいんですけど……

ジン
ジン
オーヤー、絶対見るからね!!写真もいっぱい撮るからね!!
そう言ってカメラを構えるジニオッパ。





いつの間にそんなカメラ……ㅋㅋ
モブ1
モブ1
あなたちゃーん!準備だよ〜!
そうこうしているうちに、係の子に呼ばれてしまった。
あなた

私もう、行かないと…!あんまり、騒ぎすぎないでくださいね!

ユンギ
ユンギ
終わったらまた連絡しろよ…
あなた

はーい!

BTS
BTS
がんばってね!
マンネライン
マンネライン
ウインクしてね!
マンネライン
マンネライン
手振ってね!
みんなからの激励?を受けながら、私はステージ発表の準備に向かった。