無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
94
2021/09/22

第2話

お ち ゃ か い !
二人は小学生位の年齢なので時々情景描写や心情が平仮名、又は幼い言葉になっています。読みにくかったらすみません。
レミリアside
ふ ら ん
ふ ら ん
おねえさま〜!
遊ぼ〜!
私がちょうど、お人形さんを出して一人遊びをしようとした時、フラン…私のいもうとが「遊ぼう!」と言って部屋に来た。

フランも居るし、二人でお人形遊びしようかな?
れ み り あ
れ み り あ
いいわ、じゃあお人形遊びしよ!
ふ ら ん
ふ ら ん
うんうん!
やろ〜!
二人で部屋にあるお人形さんを全部ひっぱりだして、しばらくお人形遊びをしていると、部屋のドアがコンコン、となった。

私の部屋に来るのはフランとさくや、パチェ、それにおとうさまとおかあさまくらいだから…さくやかな?
れ み り あ
れ み り あ
はいっていいわよ!
私がそう言うと、ドアノブが回りガチャ、となってから、ドアがゆっくり開いた。

そして、そこに居たのは______
さ く や
さ く や
お嬢様、妹様。
お茶会の時間です。
さくやだった。
あれ、もう三時なの?すこししか遊んでないのに…

いや、でもおかしも食べられるし、こうまかんのみんなでお茶会できるからいいわ!
れ み り あ
れ み り あ
わかったわ、じゅんびするわね!
…さくや、もう三時なの?
さ く や
さ く や
はい。時計もあるので見ますか?
ふ ら ん
ふ ら ん
見る見る!
さくやがポケットに手をつっこみ時計をだして、私たちに時計を見せてくれる。

…わ、ほんとに三時なのね…!
さ く や
さ く や
では、私は先に行っておきますね。
ふ ら ん
ふ ら ん
…あ、まってさくや!
私たち、ばしょわからないよ?
れ み り あ
れ み り あ
…たしかに。
毎回ばしょが変わるもの。
私たちがさくやにそう言うと、さくやはちょっとびっくりしながら、お人形さんの片付けとかができるまで待っててくれた。

そして、ぜんぶ片付けれたらさくやは「行きましょうか」って言った。
ふ ら ん
ふ ら ん
さくや〜!
手つなご!
れ み り あ
れ み り あ
私もつなぎたい!
さ く や
さ く や
あらあら…
分かりました、お嬢様と妹様、どちらとも繋ぎましょうね。
さくやが手をさしだしてくれて、私はその手をつかんだ。フランも私と同じように、さくやと手をつなぐ。

…今日のおちゃかい、ちょっとたのしみになったかも。