無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
221
2018/12/17

第5話

小ネタ”~King&Prince編~
【クリスマス企画中🎅🎄】
今回は、高橋海人くんで妄想したいと思いまぁす。!
海ちゃんはね~、学生感が強い。
ドラマの影響もあるかもやけど…笑

なので、今回は二人とも学生ってことで、!


start😗
__________________________________
クリスマスの日は学校があって、二人とも来る方向は正反対なわけで、会うのは朝で、
いつも海ちゃんの方が早く来てて、私は友達友達一緒に登校して、教室入ろうとして曲がったらまさかの海ちゃんと鉢合わせになって、海ちゃんはひまわりスマイルでにこってしながら

「おはよっ!」

って言ってくれて、私今日はクリスマスって気持ちわりと強めだから、顔真っ赤にしてわりと小さめの声で

「おはよっ、」

としか言えなくて、一時間目から心の中モヤモヤさせてたけどご飯の時間気付けばいつものふたりが居なくて、でもふたりの代わりに何故か海ちゃんが居て、混乱しつつも海ちゃんが私の好きな飲み物覚えててくれてて、

「はいっ!どした???今日?
なんかあったでしょ~。」

なんて言ってくれるから嬉しいって感情と寂しかったって感情が混ざって涙出そうになりながらも人前ではそんなことしない彼女が

「寂しかったんだからね…」

って言う彼女が可愛すぎて
”なんだそんなことか~笑„
なんて言いながらよしよししてあげてそう。

放課後、互いの冷たい手を握りながらいつも以上にらぶらぶしたのは言うまでもない。




__________________________________