第5話

ここは終わり?
ぞむ視点
ぞむ
……ここ…どこ…
なんか、一瞬明るくなって、ヒュゥって言って、きこえて、で、なんで
ろぼろ
…ぞむ
なんでろぼろおんの!?
ぞむ
え、ろぼ、ろ、なんで?
生き返っ、た?
ろぼろ
ちゃう!お前が死んだんや!空襲に巻き込まれて!
一瞬、何を言ってるかわからなくなった。
ぞむ
…俺が、シンダ??
ろぼろ
無言で頷くろぼろ。
何を言っていいのか、わからなくなって…

…あの時と、同じ、水が頬を伝う。
口に入ってくる。…味は、しなかった。
ろぼろ
ぞむ、泣いてる
ぞむ
っ泣いてへん!
慌てて目をこする。
ろぼろ
…なんであの後、逃げんかったん?
ぞむ
……ろぼろが、寝たから
ろぼろ
いや俺死んだんや!
ぞむ
俺にはわからんかったの!
暫くの沈黙後、2人で笑った。
悲しかったのに、それすら忘れて。




暫く経ってから、俺は口を開いた。
ぞむ
なぁ、ここどこなん?
ろぼろ
んー?
あの水色の人が言うには、「終わりの場所」だってさ
ぞむ
終わりの場所…
そう呟くとろぼろが言っていた水色の人が来た。
カミサマ
やぁ!ぞむとろぼろだよね!
ろぼろ
せやけど?
ぞむ
だれ?
カミサマ
僕は…「カミサマ」って呼ばれてるよ、よろしく
ぞむ
カミサマさん
カミサマ
えっ…
「カミサマ」だけでいいよ?
ぞむ
カミサマ
カミサマ
うん、そう
カミサマ
ちょっと2人に話があって
ろぼろ
……なに?
カミサマ
えっとねー
一泊間をおいて、カミサマが言った。
カミサマ
…ここに残るか、現世に帰るか、なんだけど
2人
は?
カミサマ
…って言ってもわからないよね
カミサマ
えっとねー…君たちが生きていた世界を「現世」といって、そこに「ぞむ」「ろぼろ」じゃなく、他の誰かとしてもう一度生きるということ。
カミサマ
もしくは、ずっとこの「ぞむ」「ろぼろ」のまま、ここに住むこと…。
何を言っているか、分からなかった。
ろぼろ
……俺は、もう一度、生きたい。
今度こそ、ぞむを幸せにしたい。
……でも
ぞむ
俺は、ろぼろに、ついてく。
まだ、まだ、やり残したことだってある。
俺じゃなくても、まだ生きたい。
カミサマ
ん、わかった。
じゃあ、しばらく寝ててね〜?
2人
………………は?
その瞬間、俺は…いや、俺らは意識を失った。




最後に、聞こえた言葉。













カミサマ
終わりじゃない、始まりだよ