無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

NAOTO家
🏘の中
じゅん
じゅん
フー疲れた
TAKAHIRO
TAKAHIRO
俺も疲れた
広臣
広臣
イヤTAKAHIROは疲れてないだろう
TAKAHIRO
TAKAHIRO
疲れた
アツシ
アツシ
広いな
じゅん
じゅん
狭いよ
隆二
隆二
広いよ
NAOTO
NAOTO
じゅん手洗いして
じゅん
じゅん
ホーイ
NAOTO
NAOTO
🍺でいいかな
隆二
隆二
オー
アツシ
アツシ
オー
広臣
広臣
オー
TAKAHIRO
TAKAHIRO
俺いつもの
NAOTO
NAOTO
皆🍺でね
じゅん
じゅん
ゲーム
NAOTO
NAOTO
じゅん飯はどうするの
じゅん
じゅん
食べる。
広臣
広臣
エー飯て楽屋で食べたジヤン
NAOTO
NAOTO
そうだけどじゅんは帰って来てからも飯食べるよ
隆二
隆二
マジ
じゅん
じゅん
TAKAHIROボイス行こう
TAKAHIRO
TAKAHIRO
ボイスか行こう
じゅん
じゅん
    ∧ ∧
   (   =)
   ┏(о )┛
    θーJ シュタタタ…
   ≡≡≡
  ≡≡≡
TAKAHIRO
TAKAHIRO
じゅん待つて    ∧ ∧
   (   =)
   ┏(о )┛
    θーJ シュタタタ…
   ≡≡≡
  ≡≡≡
広臣
広臣
エーボイスて
NAOTO
NAOTO
地下1階にボイス室があって地下2階にダンス室あるよ
アツシ
アツシ
マジ
NAOTO
NAOTO
うん。じゅんは帰って来てからボイス、ダンス練習はしてるよ
隆二
隆二
疲れないのか
NAOTO
NAOTO
うん最低4時間は練習してるかな
広臣
広臣
凄いな