第2話

病院
36
2019/04/18 09:02

あたしは、助産師のあるミスで産まれてすぐ
くも膜下出血を起こしてしまった

だけど、産まれてすぐくも膜下出血を起こす赤ん坊は居る

その後後遺症が出るか出ないかだ。


その後遺症は、全身痙攣、部分痙攣、発作
など様々

あたしは全て当てはまる

あたしは、赤ちゃんの頃から注射器のようなもので薬を飲んでいた

大きくなった今でも、母から聞くが分からぬまま

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それからあたしは1歳となった


だけど相変わらず、痙攣の頻度は変わることなく……


震える度母にだし決められて
救急車が来るまでの母に抱きしめられていた


ピーポーピーポー


サイレンがなる

これで何度目だろう?


なかなか、震えが止まらないあたしを必死に
抱え込む母の温もりは暖かった


あたしを呼ぶ声が聞こえる

心配そうな声が

だけど、『大丈夫っ!』いつも通りの言葉で返す


この言葉、一体あたしは何度言ったんだろう?


そうして、病院へ着く


病院へ着くと少し収まったあたし


目が覚めると、椅子に誰かが座っていた


心配そうな顔であたしを除く
そんな母の姿があった


今でも覚えている

それから、何年後ーーーーーーーーーーーーー

あたしは、幼稚園へ通いだした

だけど、病院にいる時間が長く……


友達なんて一人もいなかった。

友達だと言える人も

プリ小説オーディオドラマ