第52話

ᯤ̣🍒´-
15,336
2022/11/04 09:13
赤葦京治
まだポートマフィアやってるの?
ねえ、ホントに何で知ってるの此奴
あなた
あの、ホントに何者ですか?
赤葦京治
さあね
あなた
教えろよ!?
なんか見たことあるような
気もするんだけど...
思い出せない!
あなた
やっぱり知りません!
赤葦京治
え、記憶力ヤバくない?
ちょ、貶されたんだけど
ダンダンダンっ!
木兎光太郎
あかーし!
あなた
!?
黒尾鉄朗
木兎が走ったせいで
めっちゃ車内揺れてるw
すんごい足音が聞こえたかと思うと
背の高い男が2人入ってきた。
あなた
(誰!マジで!)
意味がわからない
木兎光太郎
ん?誰だ?
あなた
(それは私が聞きたい)
3人とも背高いし
なんか怖いんだけど...!
木兎光太郎
あかーしの知り合い?
黒尾鉄朗
もしかして元カノとか〜?ニヤ
あなた
(いや私彼氏いたことないんですけど)
赤葦京治
俺のいとこです。
あなた
へ?
は?
今いとこって言った?
黒尾鉄朗
なんかこの子
ピンと来てないみたいだけど
あなた
私のいとこ...?
木兎光太郎
コイツの名前
赤葦京治!
あなた
あかあしけいじ?
なんか聞いた事あるような...
考えること数十秒...
あなた
あ!
京治くん!?
そうだ!
私には同い年のいとこがいたのだ
あなた
(めっちゃ背も伸びてるし
気づかなかった...あはは)
黒尾鉄朗
赤葦いとこいたのか〜
赤葦京治
はい。
会うの久しぶりすぎるんで
忘れられてましたけど
あなた
ごめんごめん笑
赤葦京治
挙句の果て、銃口を...
あなた
あー!!!!
あなた
余計な事言うなよ!?
此奴...

部員たちに私が
元マフィアってバレたら
どうするつもりなんだよ!?
まあ幼少期にノリで
正体バラした私も悪いけど!
あなた
(兎に角!此奴は口止めしとかないと)
私はバスから京治くんだけ
連れ出した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
ねえ!マジで!
余計な事を言うなあ!
赤葦京治
余計な事って?
ポートマフィアの事とか?
あなた
そうだよ!
ってか今はもう
マフィアやってないし!
赤葦京治
そうなの?
時給良いから
一生続けるって言ってたのに
あなた
ああああ
小さい頃の私よ...
何故いとこなんぞに
私の大事な情報を漏らした。
赤葦京治
父さんから聞いたよ。
あなたのお母さん
再婚したんだって?
あなた
あ、うん。
あなた
でさー、兄弟できたんだよね
赤葦京治
何でそんなに
嬉しくなさそうなの?
京治くんは
私を見て笑ってくる。
あなた
弟が2人。
それもあの宮兄弟...。
有り得なくない!?
自分でも驚くほどの
ビックボイスをだした気がする。
木兎光太郎
宮兄弟ぃぃぃいい!?
赤葦京治
あ、木兎さん
木兎光太郎
この子の弟が宮兄弟って事は
あかーしのいとこは宮兄弟!?
黒尾鉄朗
まじ?
あなた
いや、違いますよ
赤葦京治
あなたのお父さんと俺の父さんが
兄弟で俺らがいとこ。あなたの
お母さんの家系とは
血繋がってないです。
木兎光太郎
....?
黒尾鉄朗
木兎が理解出来てねえぞ〜
赤葦京治
はあ...
木兎光太郎
ってかお前名前は?!
なんかめっちゃ元気な人が
私に声をかけてきた。
あなた
宮あなたです。
稲荷崎高校のマネージャーです。
黒尾鉄朗
稲荷崎もマネいんのかよ....
こっちのトサカさんも
身長高いし目付き悪いし怖
赤葦京治
2人とも怖い人じゃないから
大丈夫だよ
そんな私に気付いたのか
私にそういう京治くん。
でも傍から見たら
大男に囲まれてるチビ女子だよ?

誘拐シーンにしか見えないよ
木兎光太郎
俺は木兎光太郎!
よろしくな!あなた!
いきなり呼び捨て...
黒尾鉄朗
俺は黒尾鉄朗。
よろしくあなたちゃん
なんかこっちは胡散臭
あなた
あ、よろしくお願いします
まあでも悪い人ではなさそう
黒尾鉄朗
それよりあなたちゃん
あなた
はい?
黒尾鉄朗
何で稲荷崎の奴らと
一緒じゃないの?
木兎光太郎
確かに!
バスで1人だったよな
あなた
あ、それは私が
爆睡しちゃっただけですあはは
赤葦京治
誰も起こしてくれなかったの?
あなた
え?
うーん...
多分起こしてくれたんだろうけど
爆睡してて気づかなかったのかも
黒尾鉄朗
だからって普通置いてくか?
木兎光太郎
あかーしが見つけなかったら
ずっと寝てたかもな!
あなた
そうですね笑
赤葦京治
早く戻った方がいいんじゃない?
女マネは女マネで集まりあるみたいだよ
あなた
え、そうなの?
面倒臭いけど
潔子さんたちいるし早く行こ!
あなた
じゃ、じゃあこれで
失礼します
赤葦京治
うん
木兎光太郎
おう!また試合のときな〜
黒尾鉄朗
じゃあな〜
私は3人と別れ、
女マネが集まる部屋へと急いだ。

プリ小説オーディオドラマ