第56話

🍒´-ᯤ̣
4,471
2024/02/28 12:33
マネ部屋
あなた
あれ
あなた
私ひとりじゃん
静まり返った部屋
あなた
よ、
あなた
よっしゃああああ!
1人時間だ!最っ高ー!
周り気遣ってにこにこ
してた反動が今来た
私はガッツポーズをし、床に座り込む
あなた
人と話すの疲れんだよな〜
初対面の人ばっかりだったし
あなた
稲荷崎の人達の
視線は怖いし!
あなた
もう早く帰りた...
孤爪研磨
うるさ
あなた
...
声がした方を見ると
ゲームを持って丸くなってる
男の子がいた
あなた
え、は?
待ってよ、人いたの?
全然気付かなかったんですけど!?
ってかプリン頭すご!!
あなた
え、
ここマネ部屋ですよ...?
孤爪研磨
俺らの部屋のコンセント
壊れてて使えなかったから
孤爪研磨
借りに来ただけ
ゲームしながら答える彼
孤爪研磨
誰もいなかったし
あなた
あ、そうですか
この人も人付き合いが
好きなタイプでは無いという
ことを察し、私はそう言う
あなた
でも、多分もうそろそろ
みんな戻ってきますよ
孤爪研磨
え、
明らかに嫌そうな顔をされる
あなた
あははっ笑
そんなに嫌ですか?
孤爪研磨
うん
孤爪研磨
君もでしょ?
あなた
え"、なんで分かるんですか
孤爪研磨
1人時間最高とか
騒いでたから
あなた
聞いてたんですか!?
あー、最悪だ
私の印象が....
孤爪研磨
俺、音駒2年 孤爪研磨
やっと名乗ってくれた
ってか同い年!
あなた
あ、私は稲荷崎2年宮あなたです
孤爪研磨
年一緒だし、敬語いらないよ
孤爪研磨
それより、宮ってあの双子の...?
あなた
あ〜、毎回それ突っ込まれるんだよね笑
あなた
義理の弟だよ
孤爪研磨
へ〜
聞いてきた割に興味なさげ...笑

でもこんくらいの対応の方が
楽だわ〜
黒尾鉄朗
け、研磨が...
黒尾鉄朗
女子と話してる!!!
あなた
うるさ...
今度は誰ですか...って
あなた
黒尾さん?
知らぬ間に黒尾さんが入ってきてた

ってか私ちゃんと名前覚えてた!
黒尾鉄朗
やっほ〜
黒尾鉄朗
流石だねえあなたちゃん
うちの研磨と仲良くなるなんて
孤爪研磨
別に仲良くなってない
あなた
そうですよ
ただ話してただけです
黒尾鉄朗
いやいや
普段の研磨、女子どころか
人と話さないから笑
あなた
え、そうなんですか?
孤爪研磨
別に、普通に話すし
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
清水潔子
あなたちゃん、包丁
使うの上手だね
あなた
ホントですか?
ありがとうございます
夕食の準備中
清子さんに褒めてもらった
あなた
それより清子さんの
エプロン姿が綺麗すぎます...
清水潔子
あははっ
褒めすぎだよ
白福雪絵
なんか女神と天使って感じ
雀田かおり
だね〜笑
あなた
ん?何か言いました?
白福雪絵
いや別に〜
にやにやと笑う先輩たち
清水潔子
あ、それより仁花ちゃんと
姫奈ちゃん見てない?
白福雪絵
あー、確かにいない
雀田かおり
私は見てないよ
あなた
私もです
姫奈は多分、あの稲荷崎の
クズ共といると思うけど
あなた
私、探してきましょうか?
心配ですし(仁花ちゃんが)
清水潔子
ホント?
任せちゃってもいいかな?
雀田かおり
料理は任せといて!
白福雪絵
味見もね♡
あなた
あはは笑
了解です
私は部屋を出た
あなた
にしても....
何処にいるんだー?

まさか一緒にいるとか?
バンッ、キュッ
とりあえず私は
コートを覗く
中には自主練している
人が何人かいるくらいで
姫奈達はいない
あなた
はあ...あんだけ試合やったあとに
自主練とかどんだけ向上心あんの....
呆れる目で彼らを見つめる私。


別に馬鹿にしてるとかじゃなくて、
ただ単に疑問なだけだ

そんなに頑張る必要はあるのかと
宮侑
何しとんねん
ドンっ
あなた
痛った
背後からいきなりぶつかって
来られたと思った途端、大嫌いな
奴の声がした
宮侑
邪魔や
あなた
最悪
宮侑
あ?
なんかめっちゃ怖い顔してきたけど
気にしない
私はその場を離れる
宮侑
覚悟しとき
宮侑
これ以上部内の空気悪くすんなら
即退部やからな
後ろからそんな声がしたので
立ち止まって言った
あなた
アンタら何か企んでんの?
明らかに怪しいし

わざわざこんなこと言うってことは
何か手があるのだろう
あなた
余計なことしてないで
バレーに集中しなよ
あなた
たかが女1人に振り回されてないでさ
宮侑
あ"?
あなた
(うわー、キレてるよ)
あなた
えーっと、それより
姫奈ちゃん何処にいるか知らない?
宮侑
またなんかするんか?
あなた
夕食の準備だよ
ただ探してるだけ
宮侑
姫奈は今準備中やから無理やろ
あなた
は?準備中ってなんの....
赤葦京治
あなた
宮侑と話してたら京治くんが来た
あなた
あれ京治くん
自主練してたんじゃ?
赤葦京治
あなたが外にいるの見えたから
あなた
えー、目いいね
宮侑
お前、他校に知り合いいたんや〜
友達いないと思ってたわ笑
あなた
ちっ、さっきからアンタ偉そうに...
赤葦京治
行くよ
あなた
え、ちょっ
私の腕を引っ張って
その場から離れる京治くん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
ちょっと!
言いたいこと言いきれなかった
んですけど!?
赤葦京治
もう十分怖かったよ
"顔が"
あなた
殴ろうかー?
赤葦京治
マフィア癖抜けてないの?
あなた
口縫ってやる
赤葦京治
冗談だよ
あなた
それより、京治くん
なんで来たの?
赤葦京治
俺が行かなかったら
絶対殴り合いになってたでしょ
あなた
んー、まあ
確かに...?
あなた
ありがとう
赤葦京治
ていうか
あなた何してたの?
あなた
あー、姫奈ちゃんと仁花ちゃん
探してて....あ
あなた
そうだ!京治くんも手伝ってよ
赤葦京治
1人で探せば?
あなた
いとこでしょ!?
赤葦京治
忘れてたくせに
あなた
う"

プリ小説オーディオドラマ