無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

451
2021/07/26

第11話

じゅういち
*今回あなたは出てきません
夜蛾学長「悟遅いぞ、8分遅刻だ」
夜蛾学「責めるほどでもない遅刻する癖」
夜蛾学長「直せと言ったハズだぞ」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
(おっさんがカワイイを作ってる!!)
五条悟
五条悟
責める程じゃないなら責めないで下さいよ、どーせ人形作ってんだからいいでしょ8分位
夜蛾学長「、、、、、、その子が?」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
虎杖悠仁です!!
虎杖悠仁
虎杖悠仁
好みのタイプはジェニファー・ローレンスよろしくおなしゃす!!
夜蛾学長「何しに来た」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
、、、、、、面談
夜蛾学長「呪術高専にだ」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
呪術を習いに?
夜蛾学長「その先の話だ」
    「呪いを学び呪いを祓う術         
「を身に付けその先に何を求める」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
何ってか宿儺の指回収するんすよ放っておくと危ないんで
夜蛾学長「何故?」
「事件・事故・病気君の知らない人間が日々死んでいくのは当たり前のことだそれが呪いの被害になると看学出来ないと言うわけか?」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
そういう遺言なんでね
虎杖悠仁
虎杖悠仁
細かいことはどうでもいいっす
虎杖悠仁
虎杖悠仁
俺はとにかく人を助けたい
夜蛾学長「遺言、、、?」
「つまり他人の指図で君は呪いに立ち向かうと?」
「不合格だ」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
人形じゃなかったのか!?
夜蛾学長「『呪骸』人形だよ私の呪いが籠っているがね」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
げっ
虎杖悠仁
虎杖悠仁
(重っ!!本当に人形かよ!!)
夜蛾学長「窮地にこそ人間は本音は出るものだ」
「納得のいく答えが聞けるまで攻撃は続くぞ」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
つーかそもそも他人じゃなくて
虎杖悠仁
虎杖悠仁
じいちゃん家族の遺言だっつーの!!
夜蛾学長「同じだ」
「家族も他人のうちだろう」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
(痛むとか怯むとかねーか)
夜蛾学長「呪術師は常に死と隣り合わせ」
「自分の死だけではない、呪いに殺された人を横目に呪いの肉を裂かねばならんこともある」
夜蛾学長「不快な仕事だ、ある程度のイカレ具合とモチベーションは不可欠だ」
「それを他人に言われたから?笑わせるな」
「まだ死刑を先延ばすためと言われた方が納得がいく」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
!ふざけんな俺は
夜蛾学長「自分が呪いに殺された時もそうやって祖父のせいにするのか」
「あなたはイカレ具合はないがモチベーションが凄いから受け入れたがオマエはどうだ」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
、、、、、、アンタ
虎杖悠仁
虎杖悠仁
嫌なこと言うなぁ~
夜蛾学長「気付きを与えるのが教育だ」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
俺は別に
夜蛾学長「死に際の心の在り様を想像するのは難しい、だがコレだけは断言できる」
「呪術師に悔いのない死などない」
「今のままだと大好きな祖父を呪うことになるかもしれんぞ今一度問う」
「君は呪術高専に何をしに来た」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
(運動も喧嘩も昔から人並み以上できた、でもそれを一度だって"俺にしか出来ない"って思ったことはない)
虎杖悠仁
虎杖悠仁
「宿儺を喰う」それは俺にしか出来ないんだって
虎杖悠仁
虎杖悠仁
死刑から逃げられたとしてこの指名からも逃げたらさ
虎杖悠仁
虎杖悠仁
飯食って風呂入って漫画読んで
虎杖悠仁
虎杖悠仁
ふと気持ちが途切れた時
虎杖悠仁
虎杖悠仁
「今宿儺のせいで人が死んでるかもな」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
って凹んで
虎杖悠仁
虎杖悠仁
「俺には関係ねぇ」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
「俺のせいじゃねぇ」って
虎杖悠仁
虎杖悠仁
自分に言い聞かせるのか?
虎杖悠仁
虎杖悠仁
そんなのゴメンだね
虎杖悠仁
虎杖悠仁
自分が死ぬ時のことは知らんけど
虎杖悠仁
虎杖悠仁
生き様で後悔はしたくない
夜蛾学長「悟寮を案内してやれ」
「それから諸々の警備の説明もな」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
ん?
夜蛾学長「合格だ。ようこそ呪術高専へ」
虎杖悠仁
虎杖悠仁
!!、、、よろっ
ボコッ!
夜蛾学長「あっスマン術式解くの忘れてた」