無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

89
2020/05/24

第17話

11、殺人鬼の思うこと




_あ"あ"あ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ぁ"…!









…突如響いた声、それは…舞愛達の居る
病室にも響いていた



_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
…!
こ、この声って…もしかして
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
…動き出したようね。
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
厳重隔離の患者…ですよね
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
けど…何故今?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
この混乱にのっとって
暴れ始めたのかしら…
けど危ないのには変わりないわ
_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
私達も逃げなきゃ行けないんじゃ…
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
でも今は下手に動けないんでしょ?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
…っ、!
そういえばこの棟にはもう一人
患者が…!
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
え!?そうなのですか!?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
黄木おうきひかり…この道の
奥の部屋に居る子なの
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
それって危ないんじゃ…
助けなきゃ!
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
まっ、まって!舞愛ちゃん!





_白夜の静止の声は届かず…
舞愛は思い切りドアを開け放った






      そこで目に入った紅い光景は



_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
…ひっ、、!?




薄寂れた壁には、血流れる紅のライン



        下に転がっているのは体のない腕




_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
ちょっと…舞愛…っ!?
な、なにこれ…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
今…この棟には殺人鬼かんじゃ
が彷徨いているのよ…
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
う、うぇ…





舞愛は、死体や大量の血を見るのは初めてだった。



生臭い、生暖かい、生きた心地がまるでしない。

     _気持ち悪い。





_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
私も…この第二棟に来るまで
こんなこと知らなかった…
この棟はその鱗片を知った人が
入れられる所なの


後ろから…お姉さんの冷静な声が聞こえる…





_それは、前からも、
??
そーさ?
…第一棟は、地獄の中の仏みたいな
ユートピアなんだよ
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
だ、だれ!?
_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
どーも、歓迎するよ
第一棟の子供ら
_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
ち、血まみれ…!?





ニッコリと嗤いながら奥から歩いてきたのは

血まみれの〝殺人鬼かんじゃ




その証拠に…その手には
さっきの腕の持ち主であろう人の頭があった。





_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
脱出を試みた、勇気ある患者達の
顔を見に来たけれど…思ったより
おバカ…行動力ある子らなんだな?
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
…褒めてるのですか?
_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
褒めてる、褒めてるさ
んで…あんたら脱走してたんだろ?
なんでこんな所にいるんだ?
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
残念ながら…脱走じゃないんです
この第二棟の謎を、見に来たら
このような事に。
_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
………ふっwあれ?
脱走じゃなくて、
ただ単に冒険しに来た感じなの?
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
そうなります
_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
わぁ…なんて命知らず。
そんなんならば、さっさと脱走
してれば良かったのになぁ?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
…もういいんじゃないかしら?
この子達はしたい事をしたまでよ
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
お、お姉ちゃん…!
_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
……お前は、去年この棟に来た奴か
…あー分かった、突っ込んで悪かった
後はそちらでガンバって





殺人鬼かんじゃは若干、不服そうな顔をして
奥へと消えていく。


何かを伝えたがっていたようにも見えた
けれど…それは分からなかった




_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
お、お姉さん…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
あ、いえ大丈夫よ
怒ってごめんなさいね
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
そ、そんなことないです
ありがとう御座いました…
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
…あの、先程の人はやっぱり…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
えぇ、あの言っていた殺人鬼よ
この目ではっきり見るのは
初めてだったけど
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
見た目だけなら…普通の女の子…
でしたよね
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
一人称は違っていたから
分からないけど…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
何にせよ、あまり関わらないで
いいかもね
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
ちょっと…怖いもんね
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
……うん。




あの人がなんで殺人鬼?

なんか、なんとなくだけれど
あの人の目は寂しそうに見えた…




舞愛は、少し心残りを感じていた。






_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
あの…あのね、もう一人の患者は…
大丈夫なのかな…
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
…あー!忘れてた!
助けてあげなきゃ!
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
そうだった!
えと…光さん?だったよね!?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
光は奥の部屋に居るわ!
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
じゃあ早めに…!





桜華の言葉を聞いて飛び上がる様に
思い出した舞愛達。


舞愛達は急いで、隣の部屋へと向かっていった_

















╋━─



白い壁…暗い陰り



殺人鬼_ 月浪つきなみべに は 一人。
薄暗い廊下を歩いていた




_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
……ふ、楓羽ふうゆ
_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
どこにいるの?
_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
一緒に遊ぼうねって約束したよね
もっとお話しよって約束…
_月浪@ツキナミ__紅@ベニ_
月浪ツキナミベニ
…わすれたの…?




誰かを探してる_