無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

103
2020/05/23

第16話

10 姉の顔
  コツ…

         コツ…




_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
…みんな、付いてきてる?
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
大丈夫、みんな居るわ









 私達は今、夜の暗い時間
 消灯時間を過ぎた後の暗い廊下を歩いていた




   _カランッ


_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
ひゃぁ…!
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
…!






   ― 桜華ちゃんが急いで口を塞ぐ ―

どうやら何処かの鉄パイプでも倒れたのだろう






_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
ごめん…
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
大丈夫だよ、慎重にいこ。
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
目的の第二棟は
ここのトビラからね…
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
雫、カードをかざして
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
うん…!



  ― 雫ちゃんは懐からカードを取り出す ―




静かな機械音だけが響く、ゆっくりと扉が開かれる









     そこで、待っていたのは_








_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
…!?
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
なっ、これ…
_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
_ビクッ



窓の鉄格子から覗かれる月明かりに薄く照らされ
見えた景色は







  壁に染み込む紅い血
        所々にあるのはナニカの爪痕




     ひっそり鼻につくのは生臭い鉄の匂い_







_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
なに…この棟…
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
第一棟に比べて…凄い酷い、匂い…
_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
し、雫ちゃん…お姉さんの場所は…?
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
…!そうだっ、お姉ちゃんは確か
右の手前のドア!
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
早く行った方が良さそう
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
手前のドアよね…!





  廊下の酷さにビビりながらも歩をすすめる
 白い月明かりが、私達を照らしていたんだ


― 雫ちゃんはドアの前に来るとすぐ名を呼んだ ―




_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
お姉ちゃんっ、お姉ちゃん居る…?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
何ですか…こんな夜にっ…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
…って、え!?、しっ雫!?
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
お姉ちゃん!


雫ちゃんのお姉さんらしき人がドアから顔を出す
お姉さんは目の前の人物に戸惑って居るようだ





_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
なっ、雫…それに他の人まで
どうして…!
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
突然すみません…ですが
私達も用事があって
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
それより、貴女達自分の部屋は!?
まさか脱走したというの?
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
えと…まぁそのまさかで…





説明をしようとした、その時だった。

棟内に大きく耳に劈くほどの警報が響き渡る










    _ビー!ビー!


『侵入者、侵入者発見。
  第二棟ドアシステム、不自然なエラー発見
     研究員、すぐ配置につくように
               …繰り返す_』








_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
…警報っ…!
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
大変、バレたんだ…




突如、鳴り響くは無機質な声と非常な警報器
その音と共に走る音が聞こえる


私達の頬には、焦りが見える



_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
…っ、一旦隠れるわよ!
雫と皆さんはこちらへ!
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
うん…!
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
失礼しますっ…!



お姉さんに導かれ、
私達はドアの死角の机の下に身を隠した
 私達が隠れて、数分…研究員の足音と姿を見せた










              _バンッ




研究員(女)
研究員(女)
No.7!無事を確認。
他、怪我や不審なことは?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
ありません。
ですが、なんですかいきなり…
研究員(女)
研究員(女)
詳しくは聞いていない。
第二棟、ドアシステムに異常が
見られたみたいだが…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
ドアシステム…?



研究員(男)
研究員(男)
_全研究員に告ぐ!
大変だ、第一棟の患者が一人も
見当たらない!
研究員(女)
研究員(女)
なんですって!?
研究員(男)
研究員(男)
跡形も見えない。
しかし何故…!逃げるにしても
Keyカードがなければ…!
研究員(女)
研究員(女)
そんな事より脱走されては困る!
おさへ連絡を…!
研究員(男)
研究員(男)
脱出防御システムの作動の許可を!








研究員の焦ったような声色は、机の下からでも
ピシピシと伝わる
みんなの不安げな顔が伺えた…


_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
…バレちゃった
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
これは、大変な事になるわ。
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
ここから戻って平然な顔は
出きなさそうね…





すると、机の布がフワッと上げられる
顔を出したのはお姉さんだった


_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
みんな、大丈夫?
無事かしら
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
だっ、大丈夫です…



場所の安全を確認し、机下から出てくる
けれど、脱走がバレてしまった以上
下手に動く事が出来ない私達は…
とりあえず、お姉さんの部屋にいる事になった

_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
匿ってくれてありがとうです…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
いえ、大丈夫だけれど…
これから貴女達どうするの?

お姉さんは少しふらつきながらも
ベットの上に座り込む。

_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
どうしよう…こんな事に
なるとは思ってなかったよ
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
しばらく様子見してから
動き出すしか…
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
そういえば、私達最初
お姉さんの無事を
確認しに来たんですよ
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
私の?
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
そう!
この第二棟…時々変な噂流れるんだよ
甲高い鎖音と、悲鳴の声
化物がいるんじゃないかって!
_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
それで…私達、心配になったのと…
その真相はなんだったのかなって…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
…なんて言う無茶を。
貴方達はまだ知らないでいて
欲しかったわ
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
まだ…?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
ここは、危険なのよ。
…第二棟も…そうね









― お姉さんはゆっくりとでも
   何処かまだ隠す様な口ぶりで話しだした。 ―



_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
まず…甲高い鎖音の正体は
第二棟の患者よ
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
それも…凶暴なね
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
私は途中から、ここに来たから
詳しくは知らないけれど
一度だけ見たことある…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
殺人鬼とでも言えるわ
あの子は、拘束されて今も檻にいる
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
じゃあその…甲高い鎖音と言うのは…
その患者の暴れた音?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
そうね
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
…ねぇ、その患者さんって
なんで人殺しをするの…?
_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
分かんない…
もしかしたらそんな病気なのかも…
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
彼女が人殺しする理由は分からない
けれど、病気のせいだとも言ってるわ
殺人病みたいな…
_紅月@アカツキ__白夜@シヨ_
紅月アカツキ白夜シヨ
…奇病とは言え、恐ろしい…
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
私達の物とは、比較にならない程ね
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
…私は知らないのだけれど…
ここに居た、第二棟の患者いわく
まだ…この奇病隔離棟には秘密がある
って言ってたわ
_水晶@スイショウ__雫@シズク_
水晶スイショウシズク
どういう事?
ただの医療施設じゃないの…?
_水晶@スイショウ__水澪@ミオ_
水晶スイショウ水澪ミオ
分からない…
_如月@キサラギ__桜華@オウカ_
如月キサラギ桜華オウカ
なんか…
_亜宝@アホウ__舞愛@フア_
亜宝アホウ舞愛フア
私達、踏み入れちゃいけない所に…
_夢楽咲喜@ムラサキ__明日美@アスミ_
夢楽咲喜ムラサキ明日美アスミ
入ったようね。


   その場は重い空気に満たされる


ここから…大きく動き始めるのかも知れない…













╋━─
研究員
緊急!緊急要請!
研究員
大変だ!


…っ、うるせぇな。


人が寝てるってのに…
耳障りな声、今すぐたたっ斬ってやろうか… 


研究員
第一棟の患者が
一斉に居なくなったそうだぞ!?
研究員
探せっ…今すぐに探すんだ!


第一棟の奴が逃げた?

しかも一斉に…ねぇ。


??
おもしろい…
??
あぁ、今なら…出来るかも
殺せるかも…しれねぇな





     アハッ…!



 
こりゃあいい。待ってたんだこの時を…!
第一棟の奴には感謝だなぁ

チャンスをくれて…精々、脱走頑張ってくれよ


じゃあそのお礼かねて…目の前の目障りな研究員





       _殺してしまおうか!







_ガジャン!
研究員
…!?No.6!暴れるな!
お前、今は大人しく…!
??
うるせぇよ!!




_ガギンッ! と、壊れた鎖を引きずり

研究員の足元まで飛ぶ




勢いそのままに、
僕は、あいつの喉元を切り捨てた_




研究員
ぐぅ…がぁぁ、…!





          グシャ…ピチョン…






紅い、紅い…鮮紅色の血の色が手を染める

僕は…これ以上ない、高揚感に満ちていた。



??
あぁ…これだ…!
僕は、殺人鬼。

異常異常と言われ、厳重隔離され、鬱憤うっぷんは溜まる


久々に感じる…この高揚感は嘘じゃない、
楽しい…!


研究員
…ひ、ひぃ…!

僕が、少し目を向けただけなのに。
酷いなぁ…そんな怖い目を向けないでよ

??
もっと…殺したくなっちゃうでしょ?


       ねぇ…アソンデ?













+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

いつも、ご愛読ありがとう御座います

作者の虹蝶です…w



この度、投稿遅くなってすみませんでした…!

最近…この小説もなのですが
案が出なくなっていて…


他のホラゲパロや、ギャクのものなども
掛け持ってるので中々書けずじまいでした…



スランプって怖いですね…
でもこれからも頑張っていくので
是非、この後もよろしくお願いしますw


よかったら他の作品も読んでみてください。

それでは!