無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
530
2021/11/14

第5話

4
あなた
今日はありがとうございました
清水潔子
ううん見学してくれただけで充分嬉しい
あなた
…バレー部いつもこんな感じなんですか?
清水潔子
まぁ…そうだね大地や皆が集中して頑張っても周りからの評判は「落ちた強豪飛べないカラス」だからね…皆そう言う呼び方されてるだけあって強くなろうと頑張ってるんだよ
あなた
そうですか…あの
清水潔子
ん?
あなた
また見学しに来てもいいですか?
清水潔子
勿論!まだ部活決めるまでは充分期間あると思うし…いつでも見に来てね!
あなた
はい!
帰り道
あなた
清水先輩…優しくて綺麗だった…まるで女神のような人…私とは大違い
天童覚
あなたちゃあ〜ん!
あなた
わっ
あなた
なんだ覚か…
天童覚
なんだとは酷いなぁ
牛島若利
あなたもこれから帰るのか?
あなた
そうに決まってるでしょ
天童覚
ならさ…俺らとラーメン食べに行かない?
あなたは迷った
あなたside
どうするラーメンを食べに行くかこのまま帰るか…帰りたい…いやでも豚骨ラーメンを食べたい!よし決めた食べに行こう!
あなた
…行く豚骨ラーメン食べる!
牛島若利
決まりだな食べに行こう
天童覚
じゃぁ若利君の奢りだねぇ
あなた
お兄ちゃん頼んだ
牛島若利
…仕方がない奢ろう