第228話

二百十四話
2,457
2023/11/27 07:49
磯貝 悠馬
待てよ皆!!
磯貝 悠馬
決めつけてかかるなんてひどいだろ!!
磯貝 悠馬
殺せんせーは確かに小さな煩悩ぼんのういっぱいあるよ
磯貝 悠馬
けど、今までやった事といったらせいぜい…


悠馬君がフォローしようと援護し、思い返してみると……

・エロ本拾い読み

・水着生写真で買収される

・休み時間中、狂ったようにグラビアに見入る

・「手ブラじゃ生ぬるい、私に触手ブラをさせて下さい」と要望ハガキを出す

これは擁護ようごのしようがない。

磯貝 悠馬
…先生、正直に言って下さい
殺せんせー
い、磯貝君まで!!


学級委員である悠馬君までにも疑われ、更に慌てふためく先生。

だめ、このままじゃ…

このままじゃ、私達の関係が崩れてしまう…。

殺せんせー
先生は潔白です、失礼な!!
殺せんせー
いいでしょう、準備室の先生の机にきなさい!!
花園 あなた
…何をするんですか?
殺せんせー
先生の理性の強さを証明するため、今から机の中のグラビア全部捨てます!!


全員が教員室へ連れられ、先生の机と向き合うと、引き出しからは大量のグラビア雑誌が出てきた。

花園 あなた
決意が固いようで安心しました
殺せんせー
当然です、花園さん!


引き出しから大量に出てくるグラビア雑誌を積んでいく先生を見て、少しだけ安堵した。

決意が固い、やっぱり先生が犯人なんかじゃ────。

殺せんせー
見なさい!机の中身全部出し…
殺せんせー
…て…


先生がつまみ上げたモノは、グラビア雑誌ではなく女性者の下着が二枚。

その光景にみんなは息を飲んだ。

寺坂 竜馬
…マジか…
岡野 ひなた
ちょっと!!みんな見て、クラスの出席簿!


ひなたちゃんが教室から持ってきたクラスの出席簿。

そこには、クラス全員の名前が記載されているが見てみると、女子の名前の横に何やらアルファベットが書いてある。

岡野A、奥田A、片岡C、茅野永遠の0、神崎B、倉橋B、中村D、狭間A、花園DよりのE、速水C、原D、不破B、矢田E

そのアルファベットは、私達女子の胸のサイズが記載されていたのだ。

その名簿を見てカエデちゃんは、永遠の0と書かれているのに納得できていない様子。

そして今も尚、名簿をパラパラとめくっていた陽斗君が慌てたように口を開いた。

前原 陽斗
最後のページ…街中のFカップ以上のリストが…


自分のではないと証明するも、出席簿から出てきてしまっては説得力がない。

出席簿を扱えるのは先生だけなのだから。

殺せんせー
ちょ、ま、そんなはずが…


先生に向けられる非難な目。

本格的に先生が犯人にされてしまい、私は拳を握った。

花園 あなた
で、でも、これだけが証拠とも限らないんじゃ…
中村 莉桜
無理だよ、あなた
矢田 桃花
殺せんせーが犯人としか思えない
花園 あなた
( 違う、絶対違う )


何かが引っかかる。

私には、みんなと信頼を築くために過ごしていた先生が自ら信頼を失くす様な行動を取るとはとても思えない。

でも、今のみんなは聞く耳を持とうとしない。

花園 あなた
( どうしたらいいの…? )


何も出来ない自分の無力さに、私は下を俯きながらスカートの裾を握る事しかできなかった。

プリ小説オーディオドラマ