無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

354
2019/08/31

第6話

DAY003.5
はじめ
今日たなっちとデートなんでしょ?
あなた

あ、はい!

はじめ
だからそんな可愛い格好してるんだな?
だいちぃ
俺も行きたーい!
だ、だいちくん…

昨日あんなことしてきたのに…

まさか忘れてる?!
やふへゐ
尾行します?
はじめ
ありやな!
あなた

だめですよ!笑

あなた

じゃあいってきますね

はじめ
楽しんで〜
『10時に駅前集合で』

とたなっちから昨日LINEが来た。

私はけっこう早めに着いたはずなんだけど…

もうたなっちがいました。

うわあ…

いつも私服見てるけど

今日はフィルター入ってるのかくらい

かっこよく見える…///

物陰からこっそり見てたら

たなっちと目が合ってしまいました。
たなっち
あなた

ご、ごめん!

なんか、かっこよくて…//

たなっち
不意打ちは照れるな〜笑
たなっち
でも、あなたの方が可愛いよ
たなっち
服装もタイプだしそのメイクも

結構好きだし…

あと、前髪切ったでしょ?
あなた

え、よく気づいたね

たなっち
当たり前じゃん
たなっち
似合ってるよ
あなた

あ、ありがとう…///

朝早くから色々準備してよかった〜…
たなっち
じゃあ行こっか
不意に手を繋がれて

たなっちは何も言わずに歩き始めた。
あなた

…え?え?

たなっち
だってデートじゃん
あなた

まあ、そうだね笑

あなた

そういえば、今日どこ行くの?

たなっち
映画観に行こうや
あなた

おー、いいね

そんなたわいもない話をしてると

あっという間に映画館についてしまった。
あなた

何観る?

たなっち
これとかは?
あなた

あ、それみたかった!

たなっち
俺も

好きな俳優さんがでてるのよ
あなた

じゃあこれにしよ!

2人でチケットを買いに行くと

たなっちは私の分まで払ってくれた。
あなた

たなっち、払うよ?

たなっち
今日はデートなの!

2人で遊ぶだけだったら払わないよ

でもデートだから
あなた

わかった笑

ポップコーンとかも

たなっちが払ってくれた。

中に入り上映され始めた。

いつもよりたなっちとの距離が近くて

映画に集中できないよ…!
〜〜〜〜〜
たなっち
面白かった〜
あなた

…うん

たなっち
どした?面白くなかった?
あなた

たなっちが近すぎて

あんま内容入ってこなかった…//

たなっち
…なにそれうれしい
たなっち
今日さ、このままうち泊まりなよ
あなた

えっ?

たなっち
はじめさんの家戻らなくていい
あなた

いや、でも…

たなっち
デートだよ?

独り占めさせてよ
あなた

は、はい//

その後も一緒に色々回って

夜遅くに家に着いた。
たなっち
あなた、お風呂はいってきていいよ
あなた

ありがとう

お風呂につかってでると

ドライヤーを持ってたなっちが待っていた。
たなっち
はいここ、座って
あなた

うん

あなた

乾かしてくれるの?

たなっち
うん

俺好きな人の髪

乾かすの夢だったんだよね〜
あなた

どんな夢…え?!

たなっち
ん?
あなた

すきな…ひと?

たなっち
うん

デート誘うくらいだし好きでしょ
たなっち
気づいてなかった?
あなた

いや、気づかないよ…//

たなっち
まあでもだいちくんとかも

あなたの事好きかもしれないし

まだそうなんだーくらいでいいよ
たなっち
他の人とも

しっかり話したりしてからの方が

嬉しいから
たなっち
返事はまだでいいよ
あなた

うん…//

たなっちが器用に髪を乾かしていく。

すぐに乾かし終わった。
たなっち
俺、お風呂入ったり編集するから

先寝てていいよ
あなた

わ、わかった

たなっち
おやすみ
最後に頭を優しく撫でられ

たなっちはお風呂場へと向かった。



…全然たなっちの気持ち気づかなかった。