無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

しっくすてぃん
あなたside



誰かにキスされた


誰だろう、顔が曇って見えない


でも、なんだか分かるような


そんな感じがした





私は変な夢を見終わるとそっと目を開けた
小森○○
小森○○
ん、玲於??
佐野玲於
佐野玲於
え…//
玲於の顔赤くない??
小森○○
小森○○
大丈夫?
佐野玲於
佐野玲於
え?
小森○○
小森○○
顔、
小森○○
小森○○
赤いよ?
佐野玲於
佐野玲於
うるせー//
あ、さっきの人と似てる
小森○○
小森○○
佐野玲於
佐野玲於
そんな事より、早く行こ
小森○○
小森○○
うん
さっき思ったことは気のせい、




私は玲於に持ってきてもらった服に着替え、病院を出た

まず向かったのは、お兄ちゃん以外が集まっている場所




そこまでのタクシーの中で私はずっと笑っていた



玲於が笑わせようと頑張ってくれているのがすぐに分かる




玲於と居たら病気のことなんて考えないですむ

みんなと一緒にいる時は病気のことは考えない




そう自分の中で決めた

佐野玲於
佐野玲於
行こ
小森○○
小森○○
うん^^*
私はタクシーから降り、みんながいる場所に向かった

私がドアを開けて入るなり、みんなが目を丸くして驚く


なんで驚いてるのか最初は分からなかった

でも、考えてみればすぐに分かった

小森○○
小森○○
このくらい歩けるからね?
数原龍友
数原龍友
確かにそうやな
白濱亜嵐
白濱亜嵐
でも、びっくりしたーw
小森○○
小森○○
私の事気にしなくていいからね?w
中務裕太
中務裕太
それ、大丈夫なんか?
小森○○
小森○○
いーの、みんなといる時は考えn
やば、あと少しで言いそうに
佐野玲於
佐野玲於
どした?
小森○○
小森○○
なんでもない!!
小森○○
小森○○
さ、今日のこと考えよ
GENERATIONS
おう
私達はお兄ちゃんの誕生日の為に、たくさん準備した  

電話とか買い出しとか

私はLDHの人達に片っ端からかけて行った



だから、何人来るか分からないw

なんか、凄い来そうw



私が1人でこんな事を考えていると、亜嵐くんが騒ぎ出した

どうやら、プレゼントを買ってなかったみたい

みんなで亜嵐くんを笑っていると、思い出した






お兄ちゃんのプレゼント家だ

適当に嘘ついて家に戻らないと



なんでって?

今その事言ったら、バカにされるもんw






私は、今日やろうと思っていたことをやり終えると自分の家に一旦戻ると言い、みんなと別れ歩き出した
小森○○
小森○○
あー、楽しみ^^*
私が上機嫌で歩いていると目の前の人にぶつかった
小森○○
小森○○
ぶぎゃっ
男
何当って…
小森○○
小森○○
あ、ごめんなさい
小森○○
小森○○
大丈夫ですか?
私がそう聞いた瞬間、腕を掴まれる
小森○○
小森○○
あの、
男
ちょっと、付き合ってよ
小森○○
小森○○
いや、用事あるので
男
いいから
小森○○
小森○○
ちょ、引っ張らないで
腕が痛い、振りほどこうとしても無理
この人の力強すぎる
小森○○
小森○○
やめ、
_
おい、離せ
え?…なんでここにいるの?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

saori
saori
GENERATIONS 玲於くん🐥亜嵐くん🍊 THE RAMPAGE 北ちゃん🐷 翔吾さん🐶 ファンの人と繋がりたい🙇‍♂️ Instagram saori_reo Twitter saori🐥💚 フォローしてくれたら嬉しいです!! ファンの皆さん仲良くしましょう! あ、一応中1です。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る