無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

せぶんてぃん
玲於side
あなたが出ていった後、思い出した

あなたを1人にしないって決めてたのに



俺は、あなたの家まで猛ダッシュする

変装なんて全くしてない

誰かとすれ違う度に振り返られる

でも、今はそんなの関係ない



俺は、走り続けた


佐野玲於
佐野玲於
はぁ…はぁ…
俺は信号に引っかかり青に変わるのを待っていると聞き覚えのある声が聞こえた
小森○○
小森○○
ちょ、引っ張らないで
佐野玲於
佐野玲於
え、あなた?
顔は見えないけどあそこにいるのは間違いなくあなただった

俺は、信号が変わった瞬間あなたのところまで走り出した
小森○○
小森○○
やめ、
佐野玲於
佐野玲於
おい、離せ
やっぱりそこにいたのはあなただった
今にも泣きそう
小森○○
小森○○
玲於、?
佐野玲於
佐野玲於
離せって言ってんだよ
男
チッ
男
覚えてろよ
男は俺が来た瞬間すぐに逃げやがった

本当は捕まえたかったが今はそれどころじゃない
小森○○
小森○○
れ、〜ひっ、@#'&¥☆$
なんか抱きつかれてます
佐野玲於
佐野玲於
大丈夫だから
小森○○
小森○○
&$##☆、った
いや、なんて言ってんの?w
佐野玲於
佐野玲於
大丈夫、俺がいるから
小森○○
小森○○
コクッ
この状況結構長いんですけど
もう10分経ってね?



まー、別にいいけど…//

はぁ、これくらいで照れるとか



俺は照れながらも、あなたに声をかけ続けた
佐野玲於
佐野玲於
落ち着いたか?
小森○○
小森○○
うん
佐野玲於
佐野玲於
じゃあ、行くか
そう言った途端あなたがガクンと座り込んだ
佐野玲於
佐野玲於
え、あなた!!
小森○○
小森○○
ごめん、歩こうとしたら気が抜けてw
佐野玲於
佐野玲於
大丈夫なのか?!
小森○○
小森○○
うん、すぐ立てれるし
あなたは俺に向かって笑顔で立って見せた
小森○○
小森○○
ほら、ね?^^*
佐野玲於
佐野玲於
少しでもおかしかったら言えよ
小森○○
小森○○
うん
昨日からあなたがおかしい

無理して笑ってる気がする

笑おうとするのは分かるけど、あなたのそんな姿は見たくない



しんどいならそれでいい

泣きたいならそれでいい



どんなあなたでも、俺は

みんなは受け止めてやれる





あなた、無理してんじゃねーよ
小森○○
小森○○
玲於?
佐野玲於
佐野玲於
あのさ、!
ピー Oh yeah...
小森○○
小森○○
ごめん、電話
佐野玲於
佐野玲於
この歌...
小森○○
小森○○
もしもし?
聞こえたのは数秒だけだったけどすぐに分かった
小森○○
小森○○
玲於、早く行かないとやばいかも
佐野玲於
佐野玲於
え、あ、おう
小森○○
小森○○
走ろ
佐野玲於
佐野玲於
ちょ、
まだ、さっきのこと言えてないんだけど
あなたに言いたい事2つある



無理するなってことと







あなたが好きってこと











いつ、聞いてくれるんだ…?














-------------------
🐥💚作者🐷🍊

ででん♪はい、問題です

あなたの携帯の着信音はなんという曲でしょう




ヒントはタケシです😂


答えコメントに書いてくれると嬉しすぎます😁


実はこの歌のリズム好きなんですよねー((誰得w



あぁぁー、fanさんと繋がりたい

LINE交換とかして話したい😭💕

私と話してくれる人いませんか



インスタとかここのコメントとかください🙇‍♀️



それと、更新全然出来なくてごめんなさい

これからも読んでくれると嬉しいです

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

saori
saori
GENERATIONS 玲於くん🐥亜嵐くん🍊 THE RAMPAGE 北ちゃん🐷 翔吾さん🐶 ファンの人と繋がりたい🙇‍♂️ Instagram saori_reo Twitter saori🐥💚 フォローしてくれたら嬉しいです!! ファンの皆さん仲良くしましょう! あ、一応中1です。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る