無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

終話 Next to the world
時刻は午後13時、
里津花の喫茶店、奥の部屋

志)これが、お前達への報酬だ。

ジュラルミンケースが3つテーブルに置かれる

翼)サンキュ。それで?
志)ん?ああ、追加報酬だったな。
里)本気で貰う気、翼。
翼)GAMEに勝ったんだから当然だろ。
大)志季がヒントを出してたから分かった様なもんだろ。

志)構わないさw
それで追加報酬なんだが..あいにくと所持金が底をついてな、払えん。

翼)なっ、ツキノジュエルは!
志)病室に置いてきたw
翼)あれだけで数十億なんだぞ!
志)置いてきた物は仕方ない、これは稼ぐしか無いなw

翼)まさか、最初からそのつもりで!!
志)さぁ!楽しく仕事をしようじゃないかw
里)あ、これはしてやられたかも。
大)退屈しなくて済みそうだけどな。
里)言えてるw

翼)騙したな!
志)当然だ、詐欺師だからな!

終わり_

・・・・・

志)ふむ、こんな感じで...

里)志季、飛行機の時間だよ。
翼)まだ書いてんのかよ。
大)アンタがいなきゃ意味ないだろ。
志)今行く。(ノートパソコンを閉じ)

翼)そういや、聞いてなかった。
志)何をだ?
翼)船の時点で小説が止まってただろ?
里)その理由は俺も聞きたかった。
大)(頷く)

志)そんなもの決まっている、
ラストは分からないから面白い!

翼)ははw 確かに!
里)行こうか次のステージへ!
大)小説はここで完結なのか?

志)完結?そんなわけ無いだろうw
物語は常にTo be continuedだ!


次は世界へ!

To be continued...