無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第2話「Vの依頼」
集められた4人、
姿を見せる事なく音声のみのV


V)そうだな、本題といこう。
君たちに手に入れて欲しい物がある。

翼)盗みかよ。(イラつきながら)

V)ふふ、そう怒るな。
手に入れて欲しいのは「ツキノジュエル」
そう呼ばれるジュエリーだ。

里)「ツキノジュエル」!!
志)知ってるのか?
里)富豪が所有していた数十億もするジュエリーだよ。

翼)へぇ、流石詳しいね Lily 。
(トランプを取り出して手遊びしながら)

里)だけど、「ツキノジュエル」は盗まれてからは所在不明の筈だ!

V)所在なら心配いらない、ある組織の金庫に保管されている。

大)組織?

V)5日後に開催される月野組主催の闇オークションの目玉商品になっている。

志)闇オークションか、一筋縄じゃいかないだろうな。

V)やり方は任せる、もちろん報酬も支払おう。君たちの相場の2倍は約束しよう。

翼)気前がいいね、だけど気に入らない。
俺はアンタみたいな人を脅してやらせようとする手合いは大嫌いだ。

V)威勢がいいなw なら、GAMEをしよう。
「ツキノジュエル」を手に入れ、尚且つ私の正体に気づいたなら、更に報酬を追加しよう。


翼)はっ!後悔するなよ? その条件出した事後悔させてやるw

V)楽しみにいておくよw それで、他の3名はどうする?

里)選択権なんてあって無いようなものだし、俺も貴方の正体が気になるからね やるよ。

大)報酬が貰えるなら断る要素は無い。

志)いいだろう、やってやる。

V)ふふ、商談成立。おっと!期限を言うのを忘れていた。期限はオークションまでの5日遅れは許さない。

翼)はぁ!?
里)5日って!

V)最高のGAMEを期待している。
それでは、健闘を祈る。

ブッ....(スピーカーが切れる)

翼)言いたい事言って切りやがった。

志)はぁ、とりあえずお互い自己紹介でもするか?

里)なら、俺から。
俺は世良 里津花、Lilyの名前で情報屋をしてます。普段は喫茶店のマスターです。

大)村瀬 大。運び屋、Squall。
普段はバイク便。

翼)次は俺っ!
奥井 翼、錠前師のCanaria
腕を生かしてマジシャンやってる、よろしく!

志)篁 志季だ、詐欺師 Tide
詐欺師といっても狙うのは悪どく儲けてる奴だけだ。普段は小説家で書き物をしてる。

大)仕事をするにしても、どうする?
志)時間が惜しいな。

里)それなら、俺の店に来る?
翼)店って、喫茶店か。
里)そう、コーヒーでも飲みながら考えようよ。

志)悪く無い提案だ、カフェインは最高の思考材料だ。


こうして里津花の提案により彼の店に行く事にしたのだった。


つづく