無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🌹2本目の薔薇🌹
あなたside



あの男の子は私との約束を覚えてくれてるのかな?



あれは確か…



12年前の話



私がまだ3歳だったころ


私は早くに両親をなくした


それからは、おばあちゃんが本当の親のように育ててくれた



でも、おばあちゃんまで亡くなった




私は一人ぼっちになる悲しさがこみあげてきて、一人外で泣いていた
貴女の幼少期
(´Д⊂グスン

そのときだ
男の子の幼少期
どうしたの?


優しく声をかけてくれた男の子がいた


その男の子は近所に住んでるしょうくん。

私は質問をした
貴女の幼少期
どうして人は、いつかいなくなっちゃうの?

今考えると、この質問は今の私でもわからない難しい問題だった


なのにしょう君は…
しょう君の幼少期
今生きているからいつかいなくなっちゃうんだよ


そう答えてくれた。



本当にその答えは私にとってつらかった



その後大泣きしてしょう君を困らせてしまったのを覚えている


でもしょう君は
しょう君の幼少期
大丈夫!
僕はあなたから離れない!

そう言ってくれたのを覚えている。

その時どれだけその言葉が嬉しかったことか
しょう君の幼少期
僕が4か月に一回あなたに薔薇を渡しに行く!
そう言って私にしょう君は薔薇をくれた
貴女の幼少期
薔薇を?
しょう君の幼少期
そう薔薇を!
108本薔薇が集まったら結婚しよう!
貴女の幼少期
うん!
私はこの時は恋に落ちた


初めて好きになった男の子。


それがしょう君


後から知ったことだけど108本の薔薇の花言葉は

『結婚してください』

らしい
しょう君の幼少期
やくそく!
貴女の幼少期
やくそく!

この約束をしてからすぐに私はお母さんのお兄さんに引き取られるため引っ越しをした。


その時しょう君がハート形のネックレスをくれた


しょう君の幼少期
これをつけてるときは僕と一緒だよ!

そう言いながら、私に渡したネックレスと同じやつを自分の首からもかけた



今しょう君はどこにいるんだろう。


あの時、しょう君から私はどんな風に見えていたんだろう…


NEXT👉

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こっこの平野
こっこの平野
リムる人ならフォローしてくれなくて結構です(´-ω-`) King&Prince 深紅よりのall担 なにわ男子 ビジュアル担当よりのall担 しょう君については同担拒否気味… めちゃめちゃ有名になりたい! 同盟 #深紅同盟 (🐬平城 友華♥) #しょうれん同盟 #天才☆彡同盟 (MAHIRO🐒🌷) #🍆なすりゅ🍼同盟 (作間の梨斗) #しゅん同盟🌸 #ぬれおかき同盟 (永瀬のさえ) みゆぽよ→愛方 作間の梨斗→御隣さん 目指すはフォロワー300人! お気に入り600! 裏垢 user/a938a3+ こっちはマジでフォローしてくれた子は帰してます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る