無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🌹4本目の薔薇🌹
あなたside


今日は○○高校の入学式


最近引っ越してきたばっかだから友達もいないし…


それに、入学制代表の言葉も言わないとだめだし…


本当に緊張する


私の自己紹介するね
あなた

高校1年生

○○高校に引っ越してきた

高校は寮に住む

中学の頃はバドミントン部に所属していた

その時は全国1位取った

高校では部活に入るか迷ってる

頭もいい

自分から声かけるのは少し苦手

すごいかわいい♡

高嶺の花的な存在


緊張する…


こんなこと考えてたらいつの間にか入学式が始まろうとしてる
周りの女子
キャー
周りの女子
カッコイイ
 

入学してからすぐに女子はイケメンの先輩を見つけては黄色い観戦を挙げている




どの学校にもそういう人はいるんだなぁ~

司会「次は新入生代表の言葉です」




とうとう私が前に立って言葉を言う番だ…


緊張でお腹が痛くなってくる


でも、大丈夫!


そう思わないと自分が自分にまけそうだった





しょうside




司会「次は新入生代表の言葉です」




そう言われたときはどうせ優等生が言うんだろう


そう思っていた


司会「代表の方お願いします」
あなた

はい!



すごいかわいい子だった


俺の周りの男子も「可愛くない?」そんな話をしている


あなた

…………
新入生代表の言葉
一ノ瀬あなた

え?




今なんて言った?




俺の聞き間違えか?
しょう
れん、あの女の子の名前なんて言った…………
れん
なになに?
しょうも気になっちゃった感じ?
しょう
いいから…………
れん
一ノ瀬あなたちゃんだって


やっぱり…………




でも、同姓同名なだけかもしれない……



もし俺の初恋…

いや、今も好きなあの一ノ瀬あなただったらネックレスを付けているはずだ





ここからは遠すぎて見えない

れん
しょう、後であの子のところ行ってみない?
しょう
俺一人で行ってみる…
れん
え~笑笑
先部活行ってるからな!
しょう
おう!



こんな話をしている最中に入学式は終わっていた



すぐに俺は一年生のフロアに行った
周りの女子
あの先輩カッコいい!
周りの女子
ほんとだ!
周りの女子
行ってみよう!



そんな声が聞こえてきたと思ったら俺の周りは新入生ばかりだ…
しょう
ちょっとどいてくれない?
周りの女子
キャー
周りの女子
話しかけられちゃった!


全然どいてくれない…



その時だった





俺は一ノ瀬あなたを見つけた



NEXT👉

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

こっこの平野
こっこの平野
リムる人ならフォローしてくれなくて結構です(´-ω-`) King&Prince 深紅よりのall担 なにわ男子 ビジュアル担当よりのall担 しょう君については同担拒否気味… めちゃめちゃ有名になりたい! 同盟 #深紅同盟 (🐬平城 友華♥) #しょうれん同盟 #天才☆彡同盟 (MAHIRO🐒🌷) #🍆なすりゅ🍼同盟 (作間の梨斗) #しゅん同盟🌸 #ぬれおかき同盟 (永瀬のさえ) みゆぽよ→愛方 作間の梨斗→御隣さん 目指すはフォロワー300人! お気に入り600! 裏垢 user/a938a3+ こっちはマジでフォローしてくれた子は帰してます!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る