第59話

⛴偽りのない笑顔。
1,322
2022/03/22 14:24
-----gintoki side-----
高杉の船に潜入後、
俺はサディストと船内を走り回った。
途中で高杉のヤローと遭遇したが、
俺はサディストと高杉の会話についていけなかった。
分かることといえば、
新選組があなたに何かをしたこと。
それは、サディストの顔を見れば分かる。
普段は、平然を装った涼しい顔してるくせに。
今日はそんな余裕なんてねぇって顔してやがる。

ずっと走っていると神楽のアニキと話している
あなたを見つけた。
サディストのヤローはたまらずあなたの名前を呼んだ。
総悟
総悟
何泣いてんだよ。
あなた

迎えに来てくれてありがとう。

あー、はいはいはい。
この2人には俺は見えてない。
これはあれか、空気ってやつか。
え、何。この銀時さまが空気になってんの?
助けに来てやったのに。
ふざけんじゃねぇぞ。
銀時
銀時
いい雰囲気のところもーし訳ないんだけど。
総悟
総悟
申し訳ないと思ってるなら
少し引っ込んでてくだせぇ。
旦那。
銀時
銀時
お前、誰のおかげでここまで
来れたと思ってんだ。
あなた

銀さん。いつからそこに。

銀時
銀時
初めからだよ。
なんだ、新選組は揃いも揃って
俺を空気にするのか。
あなた

銀さん。落ち着いて。
銀さんも助けに来てくれて
ありがとうございます。

あなたは俺の目を見てそう言った。
まぁ、あなたには悪気はないから許してやろう。
総悟
総悟
そんな事より、
あなた早く船から出るぞ。
こいつは最後まで変わらねぇな。
まぁ、顔から曇りが消えた見てぇでよかった。
いつか借りを返してもらうからな。
-----okita side-----
高杉と別れたあとも
船内を走り回っているとあなたを見つけた。
俺は思わず名前を呼んだ。
するとあなたは俺の名前を呼び返してくれた。
安心が混ざった満面の笑顔。
こんな笑顔が向けられるの、
すげぇ久しぶり。
俺は込み上げてくる感情を抑えて、
あなたをからかった。
俺が涙なんざ、柄でもねぇ。
総悟
総悟
何泣いてんだよ。
あなた

新選組に嫌われたと思ってたから。

馬鹿かよ。
新選組はお前を嫌いになんてならねぇ。
むしろ心配してたのは俺たちだ。
総悟
総悟
新選組にとって、
あなたは大切な仲間デッサ。
むしろこっちのセリフだ。
あなた

私がみんなを嫌うわけないよ。
私の居場所は新選組だから。

総悟
総悟
新選組に帰ろうぜ。
あなた

もちろん。
迎えに来てくれてありがとう。

あなたはそう言って俺にもたれかかって来た。
俺はあなたの頭に手を添えた。
自分でもわかる。
らしくねぇことしてることくらい。
そんな雰囲気を空気を読まない大声が壊した。
銀時
銀時
あのー、いい雰囲気の所
もーし訳ないんだけど。
忘れてた、旦那が隣にいたこと。
1人だけエンジン全開でマシンガントークを進める。
銀時
銀時
なんだ、新選組は揃いも揃って
俺を空気にするのか。
総悟
総悟
そんな事より、
あなた早く船から出るぞ。
あなた

うん。

俺たちは、急いで船を後にした。
船から出た後、チャイナやメガネとも合流し。
鬼兵隊の基地から脱出した。
チャイナとメガネはあなたに抱きつき。
あなたはずっと笑っていた。
銀時
銀時
やっと戻ってきたな。
ガキ3人組の笑顔。
総悟
総悟
あなたにはガキらしい笑顔が1番デッサ。
俺たちはしばらくその時間に浸った。

プリ小説オーディオドラマ