無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

2日目-11
神奈
ただいまー!!
元気に家の中に入っていく。
先程までの不安は綺麗さっぱり消え去り、心も足も軽かった。
稲汰
あっ、神奈ちゃん、おかえり!
そんな神奈を出迎えてくれたのは、昼と同じような優しい微笑みを称えた稲汰だった。
……が、神奈の頭の上にあるものを見て、不思議そうに首をかしげた。
稲汰
あれ?神奈ちゃん。……その花冠、どうしたの?
(神奈)あっ。ヤバッ。花冠、つけたままだった……。
神奈は少し焦った。この花冠を、『拓からもらった』と言っていいのかを。察しがいい稲汰だから、もしも神奈がその事を話してしまったら、神奈が拓のことを意識してしまったことにも気づかれてしまいそうだと思ったからだ。
だが、そんなことをゆっくりと考えている時間は、神奈には残されていない。神奈は、できるだけ言葉と表情に気を付けながら、正直に話すことにした。
神奈
あぁ、これ?これはね、午前中話した拓っていう男の子からもらったの。
稲汰
そうなんだ!神奈ちゃんに似合ってて、すごくかわいいねっ!
稲汰は、花冠のひまわりを優しく撫でながら笑顔で言った。
(神奈)よ、よかったぁ~!とりあえずは、大丈夫だったみたい。
神奈
じゃあ私、夕ご飯の時間まで部屋にいるね。ご飯できたら呼んで!
稲汰
うん!
稲汰の返事を確認した後、神奈は駆け足で2階に上がっていった。
──神奈は、『よかった~!』と安堵しているが、それは大きな間違いだ。
稲汰
また、"西内拓"君の話……。
神奈が部屋のドアを閉めた音を聞いてから、稲汰はポツリともらす。
稲汰は、今の会話で、神奈が拓を意識し始めていることに気づいてしまった。そして、顔を見たことがない"拓"に、またヤキモチをやいていた。
だが同時に、見ているだけで何もできない自分に比べて、拓をひどく羨ましがってもいた。

神奈の瞳に、自分が映ることはないと、十分わかっていたから。