無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,505
2021/12/22

第20話

●黒白の白の思い○




どう、、なりたいかって……


孤爪 研磨こづめ けんま
…あなたはクロが好きなんでしょ?
白尾しろお あなた
………………、
孤爪 研磨こづめ けんま
……なんでクロの事避けてるの
白尾しろお あなた
別に避けてるつもりは……
孤爪 研磨こづめ けんま
避けてるから。
孤爪 研磨こづめ けんま
クロと何かあったの?
孤爪 研磨こづめ けんま
(クロがあなた以外の女子を好きになるわけないし……何あったんだろ…)



︎︎
白尾しろお あなた
…クロに絶対言わないでよ……
孤爪 研磨こづめ けんま
うん



最近ずっと、ある1人の女子と仲良くて、

その子、結構距離が近い。

この前だって後ろから突撃して、

さりげなく引っ付いてた。

クロは優しいから笑って「近いつ~の笑」

って言ってるだけだし。

他にもある。



今日の事も話した、

クロが保健室に来て心配してくれてたのに

私が酷いこと言っちゃったこと。

その女子がクロの事…名前呼びになってたこと、



白尾しろお あなた
でも、私がどうこう言う権利ないんだよね
白尾しろお あなた
私はクロの友達なだけであって
それ以上も以下もない。
孤爪 研磨こづめ けんま
……クロの話聞いた?
白尾しろお あなた
聞くも何も…聞くことなくない?
孤爪 研磨こづめ けんま
その女子の事どう思ってるかとかだよ。
白尾しろお あなた
聞くわけないじゃん。
孤爪 研磨こづめ けんま
聞かないとわかんないでしょ。
白尾しろお あなた
…聞けるもんなら聞きたいよ
白尾しろお あなた
でも聞きたくないから。
白尾しろお あなた
我慢しとく
結局それが1番
孤爪 研磨こづめ けんま
その我慢を今までしてたんでしょ
孤爪 研磨こづめ けんま
”もういいじゃん”
孤爪 研磨こづめ けんま
…俺なんて部活の時、
'我慢出来なくて'サボってるんだから……
白尾しろお あなた
……なに、それ笑
白尾しろお あなた
マネージャーの私に言っていいこと、?笑


──ポロ…、



白尾しろお あなた
我慢すればっ、…いいと思ってたけどさっ、
白尾しろお あなた
なんか…しんどい…んだよねッ……
白尾しろお あなた
女子と普通に…話してるのっ、見ても、
なんとも思わないよッ……でもっ
白尾しろお あなた
距離が近すぎたらっ…………ッ、
孤爪 研磨こづめ けんま
うん。
白尾しろお あなた
嫌って…思っちゃう……っ、
孤爪 研磨こづめ けんま
うん..。
白尾しろお あなた
クロの事ッ……好きだもんッッ……ヒグッ…








~数分後。~



私は体育座りして下向いて泣いてた。



そんな私を黙って背中をさすってくれる研磨。




白尾しろお あなた
ごめん…研磨……
白尾しろお あなた
…でもちょっとスッキリした
白尾しろお あなた
研磨の好きなゲーム付き合うよ



そう言って私は顔を上げた。







黒尾 鉄朗くろお てつろう、
スッキリしたなら良かったです
白尾しろお あなた
……………………




───バッ


私は咄嗟に後に下がった

白尾しろお あなた
ッッ!!!???
白尾しろお あなた
けんっ、あれっ、研磨ッじゃ、
白尾しろお あなた
…………いつからっ…、
黒尾 鉄朗くろお てつろう、
『距離が近すぎたら嫌って思っちゃう』辺りから




って事は……