無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#01
〜秀弥side〜
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
ここが深谷探偵社…!
緊張する…!
いよいよ探偵になるんだ!
???
もしかして、君が今日入る秀弥君かい?
俺の目の前には眼帯を付けた人が立っていた。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
は、はい!
染森 秀弥です!
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
僕は林原 響介。
よろしくね。
そう言うと、林原さんは微笑んで手を出した。
俺はワンテンポ遅れたが手を出して握手を交わした。
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
中に案内するよ。
着いてきて。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
はい!
俺は案内されて中に入った。
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
みんな!
新メンバーの秀弥君を連れてきたよー!
???
響ちゃーん!
おかえりー!
この子が新人の子?
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
は、初めまして!
染森秀弥です!
風野 怜奈(カザノ レイナ)
風野 怜奈(カザノ レイナ)
秀弥君!
私は、風野 怜奈ー!
怜奈でいいよ!
よろしくね!
???
怜奈は初対面でもガツガツいくねぇ〜。
すごいなぁー。
風野 怜奈(カザノ レイナ)
風野 怜奈(カザノ レイナ)
えー。
そうかな?
悠燈がガツガツいかないだけだよー!
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
挨拶が遅れたね。
三嶋 悠燈。
よろしく。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
よ、よろしくお願いします!
染森 秀弥です!
なんか楽しそうだなぁ。
よかった。
楽しそうで。
???
おい新人。
探偵をそう、甘くは見るなよ。
ホッとした俺に冷たい言葉がかけられた。
俺の後ろには青い瞳の男が立っていた。
???
俺たちの関わる事件は、そう甘くはない。
そんなの百も承知だ……!
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
分かってます…。だけど!俺はここの探偵社に入りたいんだ!
???
あとから引き返すこともできないぞ?
いいんだな?
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
わかってる…。
それじゃなかったらここには来てない!
男は俺をしばらく見つめた後、鼻で笑いこう言った。
???
お前の加入を許可してやる。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
や、やった…!
ありがとうございます!
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
涼ー!
自己紹介忘れてるー!
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
あぁ。そうだな。
深谷 涼。
ここのリーダーだ。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥です!
よろしくお願いします!
なんとか、入れた…!
最初の事件はなんだろうな〜。





俺は密かにワクワクしながら涼さんと握手を交わした。