無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

#10
秀弥side
”もう、見たくない……。仲間が…死んでいく姿を……。”
脳内でその言葉がリピートされる。
仲間を失いたくない…。
それは俺だって同じだ…。
でも、人数が多ければ協力性だって増す。
そうすれば人数だって減らずに済む。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
俺は絶対に行きますよ。
涼さんがなんと言おうとも俺は行きますから!



そう言い捨てて俺は涼さんの部屋から出ていった。


カルマside
code-name スナイパーのガネス
code-name スナイパーのガネス
相手は俺らの事を潰しに来るみたいですねぇ。
へぇ。
ボクらを潰すねぇ。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
まぁ深谷探偵社のヤツらがそんなことを
言ってられるのは今のうちだけどね♪
そう。
ボクに勝てる相手なんて誰もいないんだ。
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
お兄ちゃん!
見て!新しい武器!
そう言うと、夢結はニコッと微笑んだ。
夢結は針状の物を指の間挟んで見せた。
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
これをねぇ!
うなじの所に一刺しするだけで死んじゃうんだって!
毒自体はそんな強くないらしいけど……。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
夢結、絶対に死んじゃダメだからね?
それだけは守ってね?
だから今回のMISSIONに参加させてあげたんだから。
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
わかってるよ!
もう、お兄ちゃんは私の事になると
心配ばっかなんだから。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
べ、別にいいだろ!
code-name スナイパーのガネス
code-name スナイパーのガネス
ほらほらー
兄妹でいちゃつかないー!
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
ゆ、悠雅はうるさいっ!
code-name 刀使いのアキト
code-name 刀使いのアキト
ところで…。
慧、深谷探偵社とはいつ戦う?
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
とりあえず招待状はもう出したと思うよ♪
きっと、明日にはやると思う!
code-name 刀使いのアキト
code-name 刀使いのアキト
御意。
code-name 双剣使いのマフィー
code-name 双剣使いのマフィー
ただいま。
慧くん、とりあえず出してきたよ。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
ありがとー♪
やっぱり紗祐は気が利くよー!
code-name 双剣使いのマフィー
code-name 双剣使いのマフィー
あ、ありがと…///
あ、照れてる。
紗祐はそうゆう所が可愛いだよなぁ。
末っ子キャラという事もあってボクらcutthroatの中
では可愛がられている。
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
…………。
code-name 刀使いのアキト
code-name 刀使いのアキト
どうした?
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
別にー。
code-name 刀使いのアキト
code-name 刀使いのアキト
嫉妬。
紗祐への。
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
んなっ…!
べ、別に暁斗には関係ない!
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
どーしたの?
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
な、なんでもないよ!
ま、いっか……。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
さーてと、散歩にでも行こーっと。
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
あ、私も行くっ!
久しぶりに夢結と外出するなぁ♪





ボクはこの時間が永遠に続けばな、ただそう思っていた。