無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

#22
秀弥side
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
っ…!
今助けますから……!
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
速く…!
速く逃げ……。





次の瞬間何かが宙を舞った。



初めは何か分からなかった……。
いや、初めからその正体はわかっていた。

”ソレ”を認めたくなかった。







だけど……


見たくないはずなのに……。













その光景から目が離れなかった。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
あーぁもう少し遊びたかったけどなぁ……。
するとカルマは”ソレ”を持ち上げた。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
無様な姿だ。
バトル中によそ見をしてるから……。
カルマはこちらを向いた。
そして一歩ずつ近ずいてきた。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
ねぇ、秀弥くんはどう思う?
このリーダーの姿を見て。ほら!
俺は急いで目をそらし、目をつぶった。
嫌だ。
そんなの受け止められない……!
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ
……何かの気配を感じて俺は目を開いた。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
……ヒッ…!
目の前に”ソレ”があったのだ。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
あははっ♪
びっくりした?
まぁ秀弥くんみたいな普通の子じゃ首をを
見せただけでも怖がるか……。
俺はもうカルマが怖くなった。







だから夢中で走った。