無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

#21 涼 VS カルマ
涼side
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
俺はリーダーを潰すっ……!
俺は秀弥にそう告げて、ショットガンを構え
カルマの方に走って行った。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
お!
リーダー対決〜?
いいねいいね♪
ここでリーダーを潰して少しでも相手を崩す。

それが俺の狙いだ。
俺はショットガンを連射する。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
うーん。
そんなもんなの…。
カルマは鎌を器用に使って弾を弾いた。
それでも構わず俺は走って行く。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
………さっきからつまらないんだけどっ!
そう言うとカルマは鎌を振りかざしてきた。
俺は避けると、背後をとり思い切り蹴りを入れた。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
おぉ。
作戦はいいかもしれないけどまだまだだよ♪
蹴りを入れられずに受け身をさせてしまった。
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
チッ……。
なかなかやるな。
さすがリーダーって感じだな。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
えへへー♪
じゃあ、今度はこっちから行くよっ!
けれど、カルマとの差は俺に手が届くぐらいの
距離しかない。
そんな近距離でカルマは鎌を振りかざす。
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
っ……。
俺は避けることに必死で攻撃する事ができない。
どうすれば……!
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
油断は禁物です…。
カルマは一気に距離を詰め、鎌を振った。
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
くっ……。
ギリギリでかわしたが頬が少し切れた。
頬から血が垂れていくのがわかる。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
おぉ〜♪
今のをかわすとは!
楽しくなってきた〜!♪
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
…………。
人殺しを楽しんでいる…?
駄目だ…こいつ、もう……
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
狂ってる……。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
狂ってる?
そうですね〜♪
ボクはもう普通の人間じゃないかも知れませんね!
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
へぇ。
自覚してんじゃん。
確かにカルマはもう人間じゃないぐらいの
殺傷能力を持っている。

どこを切り落とせば死ぬか。
どこを刺せば重症を与えられるか。

それを承知の上で鎌を振りかざしているのだろう。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
何を考えてたの?
その声が聞こえた直後、俺は身動きが
取れない状況になっていた。

両手は掴まれていて、首元には
鎌の刃がスレスレになるぐらいまで近ずいていた。
いかにも、動いたら殺すと言っているようだった。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
バトル中に油断しては駄目ですよ〜?♪
油断……。
こんな強敵と戦うって言うのに……。

何してるんだろ……。
俺…。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
涼さんっ!
ふと、聞いたことのある声を聞いた。
code-name 鎌使いのカルマ
code-name 鎌使いのカルマ
あ〜!
あの時の子だっ!♪
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
秀弥…。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
っ…!
今から助けますから……!
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
速くっ…!
速く逃げ………。






……そこで俺の意識は途切れた。