無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

#03
〜秀弥side〜
今日は涼さんが俺にある事件を任せてくれるらしい!
探偵になって初めての事件。
胸がワクワクするぜ!
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
朝からやる気満々だな。
それで、新人の初の仕事は……。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
はい!
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
連続万引き事件だ。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
…………へ?
えぇっ?!
初の仕事が連続万引き事件の取り締まり?!
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
ハァ……。
どーせだったらもっとスケールのデカいやつが良かったなぁ。
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
昨日来たばっかりの新人が文句を言うな。
ほら、去っさと行け!
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
はーい。



俺は肩を落としながら事件現場に向かった。


〜涼side〜
昨日起こった殺人事件…。
昨夜で20名以上の死者が出てる…。
それに、5通りの殺人方法をしてる。
となると、5人で犯行したに違いない。



地道に情報を集めていくか…。


〜秀弥side〜
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
よりによって連続万引き事件かよ…。
あーぁもう少しスリルのある事件がよかっ…
うわぁっ!ご、ごめんね!
俺は女の子にぶつかってしまった。
ホントについてねぇな…。
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
私は大丈夫!
私こそごめんね?
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
いえいえ。
こっちは大丈夫!
code-name 毒薬使いのアルミス
code-name 毒薬使いのアルミス
じゃあ!
バイバーイ、お兄さん!
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
バイバイ!
______任務は長引いたけど、解決した。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
ハァ…。
終わったー!
深谷探偵社に戻r……
うっ……。なんだ…この臭い。
思い当たるのは1つ。
血だ。多分この臭いは血の臭いだと思う。
俺はその臭いのする方へと向かった。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
………っ!
そこで俺が見たのは死体の山だった。
数えきれない程の死体がそこにあった。
頭のない者もいれば下半身のない者だっていた。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
う、うわぁぁぁっっ!
俺はもう正気を失っていた。
ひたすら走った。
がむしゃらに走った。
どこに行ってるかも分からなかった。



今の俺にはひたすら走る事しか出来なかった。