無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

#8
悠燈side
秀弥と響介が襲われてから数日。
俺は涼に呼び出されてリビングに行った。
そこには、響介と怜奈がいた。
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
響介と怜奈も呼び出されたのか。
風野 怜奈(カザノ レイナ)
風野 怜奈(カザノ レイナ)
うん。
悠燈も?
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
あぁ。
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
………。
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
……。
響介、なんか心当たりでもあるのか?
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
え、あ…。
ううん。なんでもないよ。
……なんか怪しい。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
遅れてすみませんっ!
……あれ?涼さんは…?
風野 怜奈(カザノ レイナ)
風野 怜奈(カザノ レイナ)
秀弥くんも呼び出し?
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
あ、はい。
風野 怜奈(カザノ レイナ)
風野 怜奈(カザノ レイナ)
じゃあ、涼はみんな呼び出したの?
涼がみんなを呼び出すことなんて……。
何があったんだ……?
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
みんな集まったか。
涼がリビングに入ってきた。
そして定位置の1人がけソファーに座った。
……この場が静かになった。


そして口を開いた。


秀弥side
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
この間の秀弥と響介が襲われた事件。
みんな。覚えてるよな?
………みんなは返事はしなかったけれど頷いていた。
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
それはcutthroatというグループの仕業らしい。
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
え…それってっ!
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
あぁ。
きっと、最近起きている連続殺人犯グループ仕業だろう。
連続殺人犯…?
その言葉を聞いた時に寒気がした。
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
だから…
これ以上被害が広がらないように潰す。
警視庁の方からは探偵社を始める時に先に潰した方が
いいと思ったら潰して、被害を抑えてけれど言われている。
涼さんの顔は真剣そのものだった。
…潰す……。
それはどうゆう意味なのだろう……。
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
……日にちは?
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
まだ未定だ。
相手の巣が分かり次第乗り込むつもりだ。
風野 怜奈(カザノ レイナ)
風野 怜奈(カザノ レイナ)
じゃあ、変装して街中でちょっと探ってみるよ!
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
よろしく頼む。
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
林原 響介(ハヤシバラ キョウスケ)
じゃあ、僕も武器の調達にでも行ってくるよ。
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
あぁ。わかった。
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
三嶋 悠燈(ミシマ ハルヒ)
俺もネットで探ってみる。
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
あぁ。よろしくな。
みんな何の準備をしてるのだろう……。
俺は何もできないまま立っていた。
深谷 涼(フカヤ リョウ)
深谷 涼(フカヤ リョウ)
秀弥。
ちょっと来てくれ。
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
染森 秀弥(ソメモリ シュウヤ)
は、はい。
なんだろう…。





俺は涼さんに連れられ、涼の部屋に向かった。