無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

Root/riinu
莉犬くん「うおおぉぉぉ!ねぇねぇ、見てよるぅとくんっ!俺たちだよー!ぶりっ子兼可愛い担当の俺たち!」
るぅとくん「かわいい担当の僕達がブラックになるんですか…中々にやばそうですけどw」
莉犬くん「えぇ、大丈夫だよ!俺のコールボーイみたいな感じでしょ!?」
るぅとくん「ちょ、このままだと莉犬が清純になっちゃいます!僕は浮気はしません!なので莉犬が悪くなってください!」
莉犬くん「やだよおぉぉぉ!!!……ねぇ、あなたはどっちがいい…?」
るぅとくん「僕ならあなたさんが傷ついても癒します。その心を、愛で抉られた傷を僕の愛で埋めつくしますから…」
莉犬くん「さらっと清純になろうとしないでぇぇえええ!」
るぅりーぬ「「僕/俺 があなたの支えになるーー!」」