無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

なんで…
前のチャプターへ戻る

第33話

にじゅうきゅうわ
────ロケの休憩中────
あなた、ちょっと来て
あなた
なに?
ガシッ
涼介
あなた、行っちゃだめ
絶対に何かある
あなた
大丈夫
すぐ終わらせてくる
涼介
…わかった
くれぐれも気をつけて
あなた
うん。
涼介side


とは言ったものの、心配だからついて行こうかな
そういえば、さっきから光くんがいない





もしかして…!




タッタッタッタッ







あなたside
ねぇあなたさ、ほんとウザイんだよねだからさ、JUMP辞めてよ
あなた
は?無理に決まってんじゃん
10年も一緒にいた私より1ヶ月しか一緒にいない菜々美ちゃんを選ぶんだ、
そーだよ
あなたと10年間も一緒にいられたことが信じられない
…ね?光
そーだね
あなた
ヒカ…いつから居たの…
今さらJUMPは辞められない
応援してくれるファンのみんながいるし、
頼れるメンバーだって居るのに…





バンッッ!!
涼介
お前らさ!いい加減にしろよ!
なんで10年も一緒にいたのに信じてやらないんだよ!
チッ
だったらなんでお前は最初あなたのこと信じてなかったんだよ
涼介
っ…
まぁ、考えといてよね
2人は帰っていった



涼介
だから行くなって言ったのに…
あなた
だって…
涼介達に迷惑はかけたくない
7のみんなに被害がおよぶのはダメだから
私が耐えられないから
涼介
ねぇ、あなたさ、俺らに迷惑かかるとか思ってんだろ
同じグループなんだからさ、メンバーに何かあったら心配するのは当たり前でしょ
俺らそんなに頼りない?
あなた
そういう訳じゃない!涼介達に迷惑がかかるのも嫌だけど、このことで私のほかに被害に会う人を増やしたくないの!
涼介
もっと頼っていいから
あなたは1人で溜め込みすぎだよ
あなた
ありがと…
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡