無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

さんじゅうわ
────収録が終わって────
涼介
ねぇ、あなた抜きで話したいんだけど
侑李
あぁ、その方がいいね
なんの話、?
涼介
あなたと菜々美ちゃんの事なんだけど
あっそ、まぁいいや、聞いてあげてもいいけど
どーせ、なんで信じてやらないのかって話でしょ?
侑李
あのさ、それなんだけどさ、
雄也
どうしたの?
侑李
勝手にスマホ操作しちゃってて、あなたと菜々美ちゃんの会話が動画にはいってるんだよね、
圭人
どういうこと?
侑李
なんか、、とにかく見てよ
宏太
はぁ、わかったよ
圭人
え、じゃあいじめのやつ残ってるってこと?
侑李
うん、
裕翔
とにかく見よう
大貴
は?勝手に決めつけないでよ!菜々美ちゃんが逆にあなたにいじめられてるかもしれないんだよ?
聞き終わって
BEST
うそ、、
宏太
じゃああなたはホントにいじめてなかったってこと、?
でも、声だけだからほんとかまだわかんないじゃん!信じない方がいいよ。
涼介
おい!!!!!
しっかりしろよ。なんで、?
声はたしかに2人の声だったし、ずっと一緒にいたメンバー信じなくてどうするんだよ、!!
まじで、なんで信じねーんだよ。
侑李
そうだよ、信じよ?あなたのこと
大貴
俺、、あなたに謝ってくる
宏太
俺も、
俺も
俺も…っ
雄也
俺も
涼介
じゃあみんなで謝りに行こうよ、
JUMP
山田以外)うん…
────その頃
菜々美
ねぇ、あなたちゃん
あなた

…なに

菜々美
ちょっと味方が多くなったからって調子乗りすぎじゃない?
あなた

は?私調子乗ってなんかないし
菜々美ちゃんのほうがおかしいんじゃない?
平気で嘘つけるくせに

そうだよ、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

いちご🍓
いちご🍓
とびっこ 腐 ヤ マ ダ
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る