無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🏫



















ピピピッ ピピピッ


































Taehyung
Taehyung
   んん … ねっむ …   
 












オンマ「 ちょっと !!! 遅刻するわよ!!!」
























Taehyung
Taehyung
   んぇ … って   
Taehyung
Taehyung
   やっべ , もうこんな時間!!!   

























叫 ぶ お ん ま の 声 で 目 を 覚 ま し













































ス ク ー ル バ ッ グ を 持 っ て 家 を 出 た .


































































僕 は き む ・ て ひ ょ ん .




















私 立 防 弾 高 等 学 校 に 通 う




























男 子 高 校 生 だ .








































Taehyung
Taehyung
   あぁ ーー もぉぉ!!!   
Taehyung
Taehyung
  これじゃまた 怒られる …!!   
































俺 が 今 死 ぬ 程 急 い で 向 か っ て る 場 所















































































そ れ は









































































Jungkook
Jungkook
   もう , 遅いですよ 先輩!!   





























" 学 校 " で は な く






























































恐 る べ き 後 輩 の 元 だ っ た((((












































Jungkook
Jungkook
   何回 言えば 分かるんですか??   
Jungkook
Jungkook
   死ぬまで言い続けましょうか??   
Taehyung
Taehyung
   それは やめて下さい   
Jungkook
Jungkook
   僕に 口答えする 余裕があるなんて   
Jungkook
Jungkook
   随分と大きくなりましたね 先輩   
Taehyung
Taehyung
   ごめんなさいごめんなさい(((   




































正 直 先 生 の お 説 教 よ り も

















































こ い つ の 説 教 の が 怖 い ←



























Jungkook
Jungkook
   はぁ 全く …   
Jungkook
Jungkook
   遅れちゃうから 早く行きましょう   
Taehyung
Taehyung
   いこいこーーー!!   
Jungkook
Jungkook
   はぁ …   




















こ い つ は じ ょ ん ぐ く .










僕 と 同 じ 高 校 に 通 っ て る













二 個 下 の 後 輩 .











じ ょ ん ぐ く は め ち ゃ め ち ゃ 優 秀 で










新 入 生 代 表 の 挨 拶 を つ と め た り












こ の 学 校 で 最 も 敷 居 が 高 い と い わ れ る











生 徒 会 の 役 員 ま で こ な し て い る .















何 故 こ ん な 優 秀 な 彼 が











留 年 ぎ り の 僕 な ん か と










登 校 し て い る か と い う と …

























出 会 い は 今 年 4 月 _________ .












Taehyung
Taehyung
   なんで 進級早々先生の手伝いなんか   

















嫌 々 任 さ れ た 書 類 を 運 ん で い た 時 .
















































ガラッ















Taehyung
Taehyung
   失礼しまーす この書r __   































ド ン ッ ッ






























































Taehyung
Taehyung
   うぉ っっ …!!   
Jungkook
Jungkook
   っ て …   


teacher 「 お 、 おい!! 」










teacher 「 大丈夫か!!?? 」





























誰 か に ぶ つ か り 咄 嗟 に 顔 を 上 げ る と






































Jungkook
Jungkook
   まぁ … なんとか ……   












見 慣 れ な い 顔 が そ こ に あ っ た .
































青 ネ ク タ イ … ?














































Taehyung
Taehyung
   君 … 一年生 ?   
Jungkook
Jungkook
   そうですけど …   



teacher 「 っ たく てひょん… 」













teacher 「 お前は どこまで 駄目なんだ 」













Taehyung
Taehyung
   えっ, 僕のせいなの!!!???   










teacher 「 お前 , お詫びになんかしてやれ 」











Taehyung
Taehyung
   え? お詫び??   
Jungkook
Jungkook
   先生 ,, 僕は別に …   




teacher 「 あ, そうだ!!!! 」





















先 生 は 思 い つ い た よ う に 拳 を 叩 く と


































































































teacher 「 お前 , 学校 案内してやれ!! 」








































































Taehyung
Taehyung
   … え?   
Jungkook
Jungkook
   は ?   




















Next°










次 回 一 度 愚 痴 入 り ま す (())