無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,879
2019/08/26

第7話

全部が演技…?
放課後ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カエデ
カエデ
あなた〜!一緒に帰らない?
カエデが笑顔で話しかけてくる
あなた

いいよ!カルマ君もいるけど大丈夫?

カエデ
カエデ
うんうん!全然おっけーだよ☆
カエデ
カエデ
へ〜…今日2人で勉強会するんだっ!
私は帰り道、カエデに勉強会をすることを伝えた
あなた

そうだよ〜!カルマ君の家でするんだけどカエd…

カルマ
カルマ
だーめ。今日は2人でする約束でしょ?
いきなり話に入ってきて私の口を塞ぐ。
あなた

も〜。分かった分かったw

カエデ
カエデ
あはは…2人は仲良いんだね〜
そんな話をしながらカエデと別れ、カルマ君の家に到着
あなた

お邪魔しま〜す…わぁ意外!片付いてる!

中は綺麗で赤羽業らしい部屋だなと思った
カルマ
カルマ
あなたの中で俺ってどうなってるの…
あなた

あはは…親が海外行ってるとか言うから片付いてないのかなってw

そして私たちは勉強を始める
カルマ
カルマ
--んでこれはこうなる訳
あなた

ほぉ…すご!カルマ君天才!!

カルマ
カルマ
こんな簡単な問題が分からないあなたはヤバいよ…
あなた

え…ひどw

そして私たちはコツコツと勉強をやっていたら
カルマ
カルマ
あなた
赤羽業に名前を呼ばれた
あなた

ん?なーに?

私は振り向くと赤羽業の顔がとても近くにあることに驚き顔が赤くなる
カルマ視点
あなた

〜〜♪

鼻歌をしながら勉強をやっているあなた
多分いましか無いだろう。そう思った
カルマ
カルマ
あなた
俺はあなたに話しかける
あなた

ん?なーに?

そう言って振り向いた彼女の顔がとても近かった
それのせいかあなたの顔が赤くなる
カルマ
カルマ
俺さあなたのこと好きなんだ
カルマ
カルマ
付き合ってよ
恥ずかしくあなたの顔を見れない
あなた

っ…カルマくん/////

名前を呼ばれたので顔を見ると
あなたの顔は今までにないくらい真っ赤だった
あなた

私も…好き/////

「好き」俺が言って欲しかった言葉。
多分ずっと前から求めてた言葉
嬉しくて…嬉しくて
カルマ
カルマ
っ…/////
俺の顔も真っ赤になるのが分かった
その後…あなたは帰った。俺は無性に恥ずかしくなりまるで乙女かのようにベットで足をパタパタさせる
カルマ
カルマ
はぁっ…/////
カルマ
カルマ
あの顔は…反則っしょ、/////
次の日:あなた視点
昨日は赤羽業に告白された
うん…困惑してる気持ちもあったが…
なんか…少しだけ嬉しかったのを覚えている
あなた

おはよu…ってみんなどしたの?

見るとみんながこっちをニヤニヤしながら見ていた
莉桜
莉桜
お主も中々やりますなぁ…‪(  ◜௰◝  )‬
あなた

ふあっ!!?

どうやらカルマ君が昨日のことをばらしたらしい
あなた

もう…カルマくん何でバラスのさ/////

カルマ
カルマ
ん〜…つい嬉しくてさ(・∀・)
あなた

//////////

カエデ
カエデ
あなた〜…ちょっと手伝って欲しいんだけど
カエデから呼ばれた
あなた

うんっ!いいよぉ!

あの計画を実行する時が来たのだ
そして数分後…
カエデ
カエデ
あ〜あ…懇親の一撃だったのに逃がすなんて甘すぎだね…私
カエデは屋根の上に登り悔しそうに言う
あなた

カエデ…ちゃん?

私は困惑したフリをする
殺せんせー
殺せんせー
茅野さん…君は一体…!?
カエデ
カエデ
ごめんね、茅野カエデは本名じゃないの。
カエデ
カエデ
雪村あぐりの妹。そう言ったらわかるでしょ?人殺し…、
殺せんせー
殺せんせー
っ…!?
カエデ
カエデ
触手を合わせて確信したよ…
カエデ
カエデ
必ず殺れる…今の私なら
そう言って…カエデは居なくなった
あなた

どういう…こと?茅野カエデ…が本名じゃない…?

前原
前原
しかも雪村あぐりの妹だって…!
そして皆はカエデが天才子役だってことを知った
ァァァ。面白い、いいねぇ、その表情。、
そんな時…カエデからメールが来た
殺せんせー
殺せんせー
うにゅ…
先生は一言呟き…そして
夜にその場所まで…もちろんみんなで行った
カエデ
カエデ
来たね…じゃあ終わらそう
カエデ…いいや!あかり!!
いいよ!!もっと!!私に!!!
殺せんせー
殺せんせー
にゅ…
カエデ
カエデ
殺せんせー…?せんせーの名付け親は私だよ?
カエデ
カエデ
ママがめっしてあげる!!
これなら殺せんせーを殺れる。そう確信していたのに
カエデ
カエデ
んっ…ふぁ/////
渚のキスであかりの触手は取られた
奥田
奥田
これで…茅野さんは大丈夫になったんですか?
殺せんせー
殺せんせー
えぇ、もう大丈夫です
そう皆が安心した時…
あなた

まだ終わらせないよ

カルマ
カルマ
あなた…?終わらせないって…?
視線が一気に集まる
殺せんせー
殺せんせー
まさか…あなたさn…
あなた

気安く名前呼ばないでくれる?

私はその瞬間、殺せんせーの触手を7本破壊した
殺せんせー
殺せんせー
なっ…!?
カルマ
カルマ
え…
そう…私には髪、首、手から触手が生えていたから
メグ
メグ
あなたも…茅野さんと同じだったの?
磯貝
磯貝
全部が演技だったのか…?
あなた

そうだよ、私が転入してから本心を見せたことなんて1度もない。

胸がチクッとする。私…今、嘘ついた…?、
その瞬間、私は激痛が走る
そして私は…正確には私の意思は眠りについた
カルマ視点
思考が追いつかない
あなたの髪、首、手から触手が生えてきて…
可愛くて明るいかった声は綺麗でそれでいて冷たい声へと変わった
あなた

そうよ…私が転入してきてから1度もない

カルマ
カルマ
あなた…?
カエデ
カエデ
あなた…もうやめよう…こんな事、。
茅野ちゃんが起き上がる
あなた

あかり…私はあいつが憎いの?分かるよね、この気持ち…。、

ビッチ先生がいきなり声をあげる
イリーナ
イリーナ
アンタの…その声!!
イリーナ
イリーナ
もしや…!!
ビッチ先生の顔が青ざめる
あなた

初めまして♪
天音せいらこと甘星せいらです♪

あなた

またの名を…血の仮面

イリーナ
イリーナ
っ…!!
烏間
烏間
血の仮面…だと!!?
なぎさ
なぎさ
先生っ…血の仮面って?
イリーナ
イリーナ
血の仮面は…死神と同等レベル…いやそれ以上の強さを持つ殺し屋よ
なぎさ
なぎさ
死神と…っ!!?
あなた

私もあかりと同じで昔は役者でさ…、。

あなた

大変だったよ…イトちゃんもあかりもすぐ殺られるし…、。

イトナ
イトナ
もう辞めるんだ…!!
カエデ
カエデ
あなた…もうやめて、、
あなた

イトちゃん…あかり…煩いよ?

あなたがとても冷たい目をして2人を睨む
全部…演技?
じゃあ…俺との付き合いも演技ダッタッテコト?
カルマ
カルマ
待ってよ…じゃあ俺が告っておっけー出したのも…全部嘘ってこと?
思わず俺は声に出してしまった