無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,953
2019/08/24

第4話

修学旅行2
あなた

ーーーさん!ーーーさん!

ここはどこ?
あなた

ねぇ…何で…?

なんで泣いているの?
あなた

嫌だよ…いや、いやぁぁぁぁぁァァァ!!!

そっか…ここは
あなた

ーーーしてやるっ!絶対にっ…、。

私の記憶の中だ
あなた

ん…んや?

私は目が覚めた
まだ寝ぼけているせいか頭が回らない
カルマ
カルマ
あれ?もう起きたの?
私の真下から聞き覚えのある声が聞こえてくる。
あなた

ふぇ?…カルマくん?

どんどん目が覚めてくる。
私は今…カルマくんにおんぶされている
あなた

ぁ、ぁ!!重いでしょ!?

私はすぐさま降りようとする
カルマ
カルマ
全然重くないよ…むしろ何でこんなに軽いのって聞きたいぐらい
カエデ
カエデ
あっ!あなた!!
奥田
奥田
あなたさん、起きたんですか!?
あなた

奥田さん…カエデ

カエデ
カエデ
心配したよ…いきなり倒れるもんだから、。
あなた

ごめんごめんw

神崎
神崎
…あなたさん…さっきはありがと…ね。
あなた

んぅ?私は別に…何もしてないよ

神崎さんの様子がおかしい
神崎
神崎
いや…その…あなたさん、後で話したいから…来て貰える?
もしかして…気づかれた?
あなた

…うん!いいよ☆

あなた

…というか、カルマくんそろそろ下ろしてくれない?

カルマ
カルマ
ん〜…無理かな
あなた

何でよぉぉ…

おんぶって何か照れくさいんだが…、。
カルマ
カルマ
あ、もしかして照れてるの?
あなた

ばっ…/////

カルマ
カルマ
ふぅ〜可愛いw
カエデ
カエデ
イチャイチャしてる所申し訳ないけど旅館着いたよ?
あなた

イチャイチャなんてしてません/////

神崎
神崎
………。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー旅館にて
神崎
神崎
じゃああなたさん、こっちに来てくれる?
呼ばれたのは人がいない部屋。
あなた

うんっ…それで話って〜?

嫌な予感がしながらも神崎さんに内容を聞き出す
神崎
神崎
あ、まずは助けてくれてありがとう。
神崎
神崎
あのままじゃどうなってたか…
あなた

え、そんな事別に気にしなくていいのにw

神崎
神崎
ううん…それで単刀直入に聞くけど…
嫌な予感的中か…?
神崎
神崎
触手…生えてる?
あぁ…やっぱり
あなた

触手…!?私が…?

神崎
神崎
ごめんね…目を瞑ってって言われた時に見ちゃったの
神崎
神崎
勘違いかもしれないけど…触手が…見えて
あなた

そっか…神崎さん……

神崎
神崎
ん?なに?
あなた

記憶けそっか

神崎
神崎
え?
その瞬間、私は神崎さんの口の中にある薬を入れた。
神崎
神崎
んんんっ!!?
吐かないように手で口を抑えた
神崎
神崎
んん…(ゴクリ
数秒たちやっと飲み込んでくれたらしい
あなた

それで…神崎さんは私の何を見たんだっけ?

神崎
神崎
え?何のこと?
これでOK。
あなた

ううん…何でもないよ、皆のところ戻ろうか!

神崎
神崎
あ、うん…
あの薬は…記憶を失わせる薬、効き目が早く、数時間前のことは忘れてしまう
莉桜
莉桜
あ、あなた〜!
莉桜
莉桜
大丈夫だった?何か…誘拐されたって、。
あなた

うん!全然大丈夫だったよw

神崎
神崎
……?
莉桜
莉桜
あ、ちょうど今からお風呂入るところ!
莉桜
莉桜
あなた、一緒に行こ〜!
あなた

うん!あ、神崎さんも一緒にいこ?

神崎
神崎
あ、いいよ!
すっかり忘れてくれて良かったよ
もしあそこで…誰かに言いふらされてたら…
カエデ
カエデ
…あなた胸デカイ、。
あなた

え!?そんな事ないよ〜w

莉桜
莉桜
巨乳…揉ませろぉぉぉ!!
あなた

キャッ…莉桜!!?ちょっ…やめ/////

カエデ
カエデ
巨乳…敵…巨乳…敵…
私はめちゃくちゃ胸を揉まれカエデは独り言をブツブツ唱えていて
男子の方では私の声が響いていたという
カルマ視点
カルマ
カルマ
何か面白そうな事してんじゃん…。
俺はお風呂から上がりバナナ煮オレを飲みながら言う
磯貝
磯貝
お、カルマ!ちょうど良い所に!
岡島
岡島
お前、気になってる奴いる?
カルマ
カルマ
ん〜…俺は奥田さんかな?
前原
前原
お、意外!なんで?
カルマ
カルマ
だって彼女、怪しげな薬とかクロロホルムとか作れそうだしw
カルマ
カルマ
俺のイタズラの幅が広がるじゃん?w
前原
前原
絶対くっつかせたくない2人だな…
磯貝
磯貝
みんな、この投票結果は男子の秘密な
前原
前原
ま。そうだよな
磯貝
磯貝
知られたくない奴が大半だろうし女子や先生に絶対知られないようにしないと…
磯貝が急に黙り込む
カルマ
カルマ
…どしたの?磯貝…
磯貝が向いてる方を見ると…
殺せんせー
殺せんせー
なるほどなるほど…
あなた

ふむふむ……

殺せんせーとあなたが何かにメモして扉を閉めたのだった
前原
前原
メモって逃げやがった!!
カルマ
カルマ
というかあなたも居なかった?
岡島
岡島
ころすぅ…!!!
殺せんせー
殺せんせー
ニュルフフフフ…!先生の超スピードはこういう情報を知るためにあるんですよ!
あなた

ちょ、先生!置いてくなぁァァ!!

息があがったあなたをみんなで取り囲む
カルマ
カルマ
…で、あなたは何してたのかな〜?
あなた

えっと〜…なにもしてないよ?うん、カルマくんが奥田さんの事気になってるなんて聞いてないよ!?

前原
前原
ガッツリ聞いてんじゃんっ!
あなた

あ、でも後は殺せんせーが持ってるよ?

あなた

殺せんせーに聞こうと思ったのに逃げちゃったし…、

ぷくーと顔を膨らますあなた
磯貝
磯貝
という事は殺せんせー追いかけるぞ!
前原
前原
おう!
そう言って皆は殺せんせーを追いかけていってしまった
残ったのは俺とあなただけ
あなた

……、。

カルマ
カルマ
あなた?
あなた

…なに

カルマ
カルマ
なんで拗ねてんの?
あなた

別に拗ねてないし…カルマくんは奥田さんが好きなでしょ?

あなた

なら私と喋ってないで奥田さんと…

カルマ
カルマ
気になってる子って好きな子に入らないんじゃない?
あなた

え?

カルマ
カルマ
だから俺が好きなのは奥田さんじゃないよ
あなた

そ、そうなの?…良かった((ボソ

ボソッと言ったつもりだろうけど丸聞こえだ
カルマ
カルマ
なにが良かったの?
あなた

な、なんでもないしっ!カルマのバナナ煮オレ飲むからっ…!

そう言って俺の煮オレを飲み干す
俺は耳元で…
カルマ
カルマ
俺の事…好きなの?
あなた

ふぁぁ!?/////

カルマ
カルマ
関節キスとか…大胆だね
俺は無くなった煮オレを指さしていう
あなたの顔はゆでタコみたいに真っ赤だった
カルマ
カルマ
ふっ、可愛い
そう言い残し去る
あなた

カルマくんだって…私の煮オレ飲んだくせにぃ…/////

俺が居なくなったあとあなたが言った言葉を知らずに