無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,016
2020/08/29

第2話

1
阿部side
ねぇ、もうちょっと危機感持って…
お前の血は稀な血なんだから…
俺はまだ毎日毎日血を吸わなくても生きていけるけど、メイクさん、カメラマンさん、アシスタントさん達も、佐久間を狙ってるんだから…
「佐久間ッ」
💖「あっ、阿部ちゃんどうしたの?」
「いや、長いなと思って」
💖「あーあ、ごめんね…」
「その傷どうしたのッ?」
メイクさん「あっ、僕が失敗しちゃって切れちゃって」
「あっ、そうなんですか…もう、終わりました?」
メイクさん「はい!終わりました」
💖「ありがとうございました」
佐久間?血が出た時なんもされてないよね?
佐久間に触れられたら俺ら泣くから、怒鳴るから